書評

一歩踏み出したいあなたへ!堀江貴文『人生を変える言葉』

この記事は約4分で読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

この記事を読めば、辛い時にあなたを助けてくれる言葉が見つかります。すぐに気持ちを切り替えて頑張ることができるようになりますよ。

ヤマムカ
ヤマムカ
こんにちは!年間300冊以上読む男、継続することで自分をどこまで変えることができるのか挑戦中、ヤマムカです。

この記事では、自分を変えるきっかけが欲しいという人、自分を勇気づける言葉を知りたいという人、ホリエモンの考え方を知りたいという人に向け、ホリエモンの名言3つを本書から厳選し、私なりに紹介・解説します。

紹介している本はこちら!

堀江貴文『人生を変える言葉』(2016年)

人生を変えるには行動を変えなくてはなりません。

でも、自分だけではなかなか行動を変えられないものです。

この記事を読んで、時代の寵児であるホリエモンさんの言葉に刺激を受ければ、行動を変える決心がつきますよ

名言を忘れないためにも、ブックマークをつけて何度も読み返してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

自由について考える

若者, アクティブ, ジャンプ, 幸せ, 日の出, シルエット, 2, 人, 喜び, 自由, ビーチ, 海辺

「自由」はお金や仕事の内容によって手に入るものではない!自分の心を勝手に縛るのはやめよう!

刑務所生活で得た気づき、それは「自由とは、心の問題なのだ」ということである。

67ページより引用

堀江さんは塀の中にいても「自由だった」と語っています。

すごいですよね。

だって、塀の中に比べたらこっちの世界のほうが自由なはずなのに。

しかも、堀江さんは塀の中に入る前はかなり自由な生活を送っていたはずです(入る直前は別ですけど)

それでもなお「自由だった」と言えるんですから。

実は、この「自由」は行動面の話ではないんですね。

心の話なんです。

誰だって「人が考えること」を止めることはできません。

自分がやりたいこと、将来のプラン、そういったことを考えて楽しむのは自由なんです。

堀江さんは「思考」は誰にも縛られるものではないと言っているんですね。

それと同時に「自由」は心の問題であるということも伝えてくれているように思えます。

「塀の中でだってオレは自由だったんだから、お前らもっと自由に生きろよ」と私たちを後押ししてくれているのだと思います。

「自由」かどうかは自分の心が決める。身体は自由でなくても精神は自由!

情報の集め方

計算されました, タブレット, 技術, タッチ, コンピュータ, 画面, 通信, ワイヤレス, インターネット

必要な知識や情報は、それが自分に本当に必要かどうかを考えなくても勝手に脳がそれを判断してくれるんです。

個々の情報は記憶するのではなく、浴びればいいのだ。情報は取り入れたら、そのまま忘れてしまって構わないのだ。

179ページより引用

「本を読んでも内容を忘れちゃうから意味ないんだよねー」と言って本を読まない人がいます。

「そんなにたくさん本を読んでいても内容を覚えてないんじゃないの?」と言ってくる人がいます。

覚える必要なんてないんです。

完璧に覚えていなかったとしても、断片的に脳に情報は蓄積されていきます。

情報を浴び続けていると、ある時、カケラとカケラが科学反応して新しいアイデアが生まれるんです。

覚えるのは後回し。

まずはとにかく情報を浴びましょう。

本の内容を完全に覚える必要があるのなんて大学入試まででいいんです。

忘れることを気にしない!とにかく情報を浴びるように集めよう!

目標の見つけ方

矢印, ターゲット, 範囲, ブルズアイ, スポーツ, 目的, ヒット, 精度, 撮影, トレーニング

あなたには目標がありますか?どうやら最近は目標がない人が増えているそうです。目標が見つからない場合は憧れの人を考えてみましょう。

今、自分のいるポジションに対して、その先を走っている人は必ずいる。そいつを抜くことをまず目指せば、モチベーションにもなるし、伸びやすくもなる。

42ページより引用

目標はあまり大き過ぎないほうがいいんです。

だって達成するまでモチベーションが続かないじゃないですか。

だから、まずは自分のちょっと前を走っている人、自分の目指す理想の姿の人を見つけましょう。

そして、その人に近づくために何ができるかを考えるんです。

服装や持ち物といった形から入ってもいいですし、読んでいる本や趣味といった内面的な部分からマネしても構いません。

そこから、どうやったら追い抜けるのかを考えていくんです。

まずはマネから入る。

その後、自分との違いを踏まえて、追い抜く方法を考える。

その人を追い抜けたと思えたら、また次の人を探しましょう。

目標を考える時は、憧れの人・尊敬できる人を追い抜こうとすることから始めましょう。

まとめ

堀江貴文『人生を変える言葉』(2016年)いかがでしたか?

今回この記事で紹介した内容を振り返ってみましょう。

要点まとめ

・「自由」かどうかは自分の心が決める。身体は自由でなくても精神は自由!

・忘れることを気にしない!とにかく情報を浴びるように集めよう!

・目標を考える時は、憧れの人・尊敬できる人を追い抜こうとすることから始めましょう。

とにかく堀江さんは行動的な人です。

自ら『多動力』という本を書かれるくらいですからね。

成功を収めるためにはやっぱり行動力が大切なんだと思いました。

本書では、上記の内容以外にも

・「できない理由」を先に考えてはいけない理由

・「尽くすこと」と「馴れ合い」の違い

・働くこととは?

・疑って考えることの大切さ

・「オヤジ」とは?

などなど、堀江さんの考え方を様々な視点から知ることができる名言が満載です。

自分を変えるきっかけが欲しいという人、自分を勇気づける言葉を知りたいという人、ホリエモンの考え方を知りたいという人にオススメの1冊です!

気になったら、ぜひ本書を購入して読んでみてくださいね。

ほんのびくん
ほんのびくん
最後まで読んでいただきありがとうございました!

感想や質問などがありましたらツイッターでお問い合わせいただけるとすぐにお答えできます。

これからも応援お願いします!

ツイッターをフォローしてくれるとうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加