書評

3分でわかる!モンテッソーリ教育

この記事は約3分で読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

はじめに

社会が大きく変化している現在。今まで通りの教育ではマズいのでは?という疑問が生まれてきています。そこで注目されているのが「モンテッソーリ教育」です。この記事ではモンテッソーリ教育について簡単に紹介します。

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育の「モンテッソーリ」って?

発案者のマリア・モンテッソーリからとったもの。モンテッソーリはイタリアの女性医師です。1907年にローマで「子どもの家」を開設したのがモンテッソーリ教育の始まりだと言われています。

日本ではあまり馴染みがありませんが、100年以上の歴史があるんです。

モンテッソーリ教育ってどんな教育?

子どもの興味を大切にし、こちらから押しつけることなく、見守る教育です

モンテッソーリは「子どもには自分を自分の力で育てていく力が備わっている」と考えました。そのため、子どもを「管理し教え込む教育」から「教えず、見守る教育」を行ったんですね。

日本でも「詰め込み教育」からの転換を図ろうとした時期がありましたね。結局、大きくは変わりませんでしたが。

モンテッソーリ教育のよさって?

モンテッソーリ教育では、第一に「子どもが出会ったものに自由にとりかかる」ことを保障しています。ですから、子どもたちは、やることを自分で決められるので基本的には意欲が高い状態でスタートします。やりたくもないことをやらされるということがないんです。

ある意味では子どもの生まれながらにもっている「個性」を存分に伸ばすことができる教育と言えるでしょう。

モンテッソーリ教育の特徴「おしごと」

モンテッソーリ教育では、子どもたちはそれぞれ自分で選んだ課題に取り組みます。課題といってもかっちりとした「お勉強」ではありません。枠の中にスタンプを押したり、カードと同じ人形を探したり・・・そういった子どもの活動をモンテッソーリ教育では「おしごと」と呼ぶのです。

「おしごと」は子どもが自分で選びます。子どもは手あたりしだいに「おしごと」に取り組むわけではありません。子ども自身がその発達段階に合わせて必要なものに取り組むのです。ですから「おしごと」の内容は徐々に難しくなっていきます。

モンテッソーリ教育の課題って?

日本ではモンテッソーリ教育を掲げていても全てを取り入れていない場合があります。特に認定機関等はなく、各園で「やってます!」と言えばよい状況です。

「うちの子にモンテッソーリ教育を受けさせたい!」と思った場合はしっかり見学に行ってからのほうがよさそうですね。

モンテッソーリ教育を受けた有名な人って?

史上最年少(2019年9月現在)でプロ棋士になった藤井聡太さんや元大統領のバラク・オバマさん、グーグル創業者のラリー・ペイジさんなど。

ひとつの分野に特化した人を輩出しているイメージですね。

おわりに

「子どもの選択」を重んじている「モンテッソーリ教育」ですが、静粛練習といった静かに待つ練習もあります。ちょっと意外ですよね。なんでも自分をコントロールする力を鍛える意味があるのだとか。

まずは自分自身をしっかりコントロールできないことには真の自由は手に入らないということなのかもしれませんね。

参考図書

もっと詳しく知りたい方はこちらの本をお読みください。

日本でモンテッソーリ教育を実施しているところ

こちらのホームページでは、モンテッソーリ教育を実施している園のリストを見ることができます。

日本モンテッソーリ教育総合研究所 公式HP