未分類

子どもに「お金」の教育ってどこまですればいいの?

はじめに

「お金」って今や生活とは切っても切り離せないものになりましたよね。

でも、学校では「お金」のことについて何も教えてくれません。だから家庭で「お金」のことは教えていくしかないんです。

じゃあ、どこまで教えればいいんでしょうか?

ということで、この記事では「最低限これだけは子どもにしておきたい『お金』の教育」について紹介します

子どもにしておきたい「お金」の教育

「お金」は無限に湧いてくるものではない

そもそも「お金」って何なんですかね。信用をモノに表したものだとかなんだとかっていう話なんですけど、そういった説明は中学・高校生くらいになってからでいいのかなと思います。

なので、この記事でもその辺については触れないでおきますね。

まず、子どもに伝えなくてはならないのは、お金は無限に湧いて出てくるものではないということです。お金は何かの対価としてもらえるものですし、何かの対価として支払うものなんです。

当たり前のことかもしれませんが、案外このことを知らない子どもってけっこういるんですよ。ひと昔前は「お駄賃」のようにお手伝いの対価としてお金をもらう子どももいました。でも、お手伝いに取り組む子どもの減少とともに、それも減っているようです。

むしろ高齢者の寿命が延びたこともあって、おじいちゃんたちやひいおじいちゃんたちから無条件でお小遣いをもらっているようですね。核家族化も進んでいますから、たまに会った孫に優しくしたくなる気持ちもわかります。

そういったこともあってか「お金ちょうだい」と言えば大人はお金をくれると思っている子どもがいるんですよ。

親が持っているお金は親が何らかの方法で稼いだものなんです。そのことを子どもにはきちんと伝えましょう。その上で、子どもが「お金をちょうだい」と言ってきた時は、対価としてどんなことをしてくれるのか聞いてみましょう。そうやってお金とはどういったものなのかを学んでいくんです。

貯金は美徳ではない

あなたは親から「ムダに使わないで貯金しなさい」って言われたことありませんか?僕はあります。

貯金することってホントに大切なんでしょうか?もちろん大人は多少の備えは必要でしょう。でも子どもはなんのために貯金するんでしょうか。

そもそも貯金は何かの備えとしてするものです。現状としては貯金していてもお金は増えませんし、貯金しているからといって何かが手に入るわけでもありません。

大人側の言い訳としては「いつか欲しいものを見つけた時のため」っていうのがあるみたいなんですけど、それだったら今欲しいものを買っても変わらないですよね。

しかも、小学生にとっての1000円と高校生にとっての1000円って同じ1000円であっても価値は全然違うんですよ。小学生に1000円をあげたらすごい喜ぶと思うんです。だって1000円で結構な量のお菓子とかカードとかを変えるじゃないですか。でも、高校生に1000円あげても大して喜ばないんです。1000円じゃ映画も見れないですからね。

そういう風に考えると、子どものうちに貯金をさせることってあまり意味がないんです。大事なのは貯金することではなく、お金を正しく使うことです。本当に必要なものなのかどうかを考えて買い物したり、お金を使ったりする習慣を身につけさせたいですね。

100円は10枚で1000円になる

みなさん知ってますか?100円って10枚集まると1000円になるんですよ。

バカにしてるわけじゃないんです。でも、「お金がない」って言う人に限ってそのことを意識していないんです。

例えば、コンビニで10回飲み物を買ったとしたら、同じものをスーパーだったら11本買えるんですよ。100円浮くわけです。毎日コンビニで買っている人は月に300円浮くことになります。年間で3600円です。3600円あったら色々なことできますよね。

お金が有り余っているならいいんですよ。でも子どもでそんな子はそうそういません。だから、子どもはちょっとした時にお金をどう使うかってすごく大事なんです。

そこにあるお金を全て使わなきゃならないと思ってしまうのが子どもです。そのお金を何回貯めたら何を買えるのかといったことは大人が教えてあげるべきなんですね。

貯金の話と違うのは具体的な目的のためにお金を貯めていることです。貯金がダメなんじゃなく、目的のない貯金に意味がないと言っているんですよ。

お金持ちは1円であっても大切にするという話をよく聞きます。大金であっても結局は1円の集まりだということを十分に知っているからでしょう。

子どもが「たった〇円」といった言葉を使わないようにしていきたいですね。

おわりに

子どもにお金のことは考えさせたくないって意見を耳にすることがあります。それってなぜなんでしょうか?色々な理由があるとは思うのですが、将来的にお金と関わって生活していく以上、早い段階でお金との正しい付き合い方は知っておくべきだと思います。

お金との付き合い方は親が教えるしかありません

お金のことばかり考えるのはよくないこと、お金は汚い、お金は貯めておかなければならないなどの余計な情報を与えるのではなく、お金が存在することによって私たちの生活は豊かになったことや正しく使えば人を幸せにすることができるといったことを教えていきましょう。

そうすれば子どもが将来お金で困ることは減るはずですよ。色々な考え方があると思いますが、少し参考にしてみてくださいね。