名言

【名言フルネス】名言で人生を豊かに!「タイミング」

”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはない

【”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはない】(デイル・ドーテン)

「タイミングが悪い」

「今はまだその時ではない」

「もっといいチャンスがあるはずだ」

こういった言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

聞いたことがなくとも,自分で自分に言い聞かせたことがある人は多いのではないでしょうか。

一歩踏み出す時,何かに挑戦しようとする時,頭に思い浮かぶのは「本当にこれでいいのだろうか?」という疑問です。

人間という生き物は変化を恐れる生き物です。

ですから,新しいことをやろうとする時に抵抗力が働いてしまいます。

そんな時に真っ先に「やらない」行動を選ぶための考え方が「もっといいタイミングがある」というものです。

紹介した言葉のように【”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはない】のです。

むしろ,やるならできるだけ早いほうがよいのです。

タイミングを見計らっているうちに,他の誰かに先を越される可能性だってあります。

私たちにできることは,”適切な時”や”完璧な機会”を探すことではありません。

自分が「やろう!」と思ったその時を,いかにして”適切な時”や”完璧な機会”にしてしまうかなのです。

迷っている時間はありません。

思い立ったその時こそが最高のタイミングなのです。

何か行動に迷った時は【”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはない】という言葉を思い出してください。

この言葉が出てくる本「仕事は楽しいかね?」について

本の構成について

「仕事は楽しいかね?」は全部で14章構成です。内容は以下の通りです。

第1章 仕事は楽しいかね?

第2章 人生とは,くだらないことが1つまた1つと続いていくのではない。1つのくだらないことが〈何度も〉繰り返されていくのだよ。

第3章 試してみることに失敗はない

第4章 明日は今日と違う自分になる,だよ。

第5章 これは僕の大好きな言葉の1つなんだ。「遊び感覚でいろいろやって,成り行きを見守る」というのがね。

第6章 必要は発明の母かもしれない。だけど,偶然は発明の父なんだ。

第7章 目標に関するきみの問題は,世の中は,きみの目標が達成されるまで,じーっと待っていたりしないということだよ。

第8章 きみたちの事業は,試してみた結果失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落していたんだ。

第9章 あの実験で学ぶべきことはね,「あらゆるものを変えて,さらにもう一度変えること」なんだよ。

第10章 それはね,「あるべき状態より,良くあること」なんだ。

第11章 もし宇宙が信じられないような素晴らしいアイデアをくれるとして,きみはそれにふさわしいかね?

第12章 覚えておいてくれ。「試すことは簡単だが,変えるのは難しい」ということを。

第13章 新しいアイデアというのは,新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ。

第14章 きみが「試すこと」に喜びを見い出してくれるといいな。

エピローグ

世界的にベストセラーになった本なので,多くの人が本の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

心にぐっと来る名言が目白押しの本です。

「仕事は楽しいかね?」に出てくるその他の名言

はじめに紹介した言葉の他に印象深かった言葉も紹介します。

【名言2】〈あらゆること〉をしろ。素晴らしいアイデアは,どこからやってくるかわからないのだから

何かを得られることがわかっているからやるのではなく,思いついたことをやってみる。

とにかくまずは行動に移すことが大切だということを教えてくれる言葉です。

「そんなことをやっても意味がない」

「そんなことできるはずがない」

そう言って,結局何もせずに何も変わらない人たちが多くいます。

やってみて実際に意味がなかったことがわかるのと,おそらく意味がないであろうという状態で終わるのとでは明確にその後が違います。

やってみたのであれば問題点がわかるかもしれませんし,違う方向から考えるということに気もちを切り替えることもできます。

一方で,頭の中だけで考えていると,実際どこが問題になるかはわかりませんし,その方法を諦めきることも難しいものです。

完璧な計画や完璧な案ができることはほとんどありません。

行動して修正することが大切なのです。

【名言3】解決策というのは,後から振り返ってみれば,簡単に見つけられそうに思えるものだ

「コロンブスの卵」という有名な話があります。

ある男が,大陸を発見したコロンブスに対して,「私だって船で旅をすれば大陸を見つけることができたんだ」と言いました。

コロンブスはその男に対して「この卵をなにも道具を使わずに立たせることはできますか?」とたずねます。

男が「そんなことはできない」と答えると,コロンブスは卵の底をテーブルに叩きつけ,へこませて立たせたのです。

この話と同じように,解決策はわかってしまえば単純であったり,簡単なものだったりすることがあります。

しかし,解決策を探そうとしなかったり,難しいものだと勝手に思い込んでしまったり,自分で余計なルールを付け加えてしまったりすることで,簡単なことを困難なことにしてしまっていることがあるのです。

あなたが今現在抱えている問題も,実は簡単に解決できるものなのかもしれませんよ。

さぁ!名言を使ってみよう!

ここでは,日常生活の中で,今回紹介した名言【”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはない】をどのように使うことができるのかを紹介します。

【パート1】いつまでもウダウダしている友人に対して

友人A
友人A
いやぁ,資格の勉強をするのは仕事が一段落してからにしようと思うんだよね。今は忙しいし。
ほんのびくん
ほんのびくん
”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはないんだよ。少しでもその資格を取りたいと思うなら行動に移したら?

これをしたら,あれをしたらと理由をつけていろいろと後回しにする人っていますよね。

そんな人に使えそうです。

【パート2】判断を迷っている同僚に対して

同僚A
同僚A
取引先に今電話したほうがいいかなぁ。それとも,もう少し後にしたほうが向こうも都合がいいかなぁ
ほんのびくん
ほんのびくん
どっちでもいいと思うけど,”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはないんだからすぐに電話したら?

どうでもいいことに時間をかけて悩む人っていますよね。

そんな人に使えそうです。

【パート3】一歩踏み出せない友人に対して

友人B
友人B
あの子をデートに誘おうか迷ってるんだけど,何かのイベントに合わせたほうがいいかなぁ
ほんのびくん
ほんのびくん
イベントなんか待ってたらチャンスを逃しちゃうよ。”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはないんだから次の休みとかに誘ってみたら?

完璧な機会があると勘違いしている人がいますよね。

本当は,成功した時に結果的にそれが完璧な機会だったと後から気づくだけです。

 

ぜひご活用ください!

終わりに

この本の題名である「仕事は楽しいかね?」という質問に対して,自身を持って「Yes!」と答えられる人はどれくらいいるのでしょうか。

もし,少しでも今の仕事に不満があったり,将来に不安があったりするのであれば,ぜひこの本を読んでいただければと思います。

考え方や仕事の仕方,生活の仕方に変化をもたらしてくれるはずです。

ぜひご一読ください。

今回紹介した名言【”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはない】がみなさんの人生を少しでも豊かにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

Yamamuka

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。