名言

成功できる人になる言葉

幸運を引き寄せる言葉

運の良し悪しとは何でしょうか?ここで言う「運」とはギャンブルで勝てるかどうかの運ではありません。人生における自分の様々な境遇に関わってくるもののことです。

今までの人生を振り返ってみて、みなさんは運が良いほうだったでしょうか?それとも悪いほうだったでしょうか?

この「運」について、探検家のアムンセンはこのように語っています。

完全な準備のあるところに常に勝利がある。人はこれを”幸運”という

「テストでヤマが当たった!ツイてる!」「テストでヤマが外れた・・・ツイてない・・・」こういう人たちがいる一方で、しっかりと勉強しヤマなど張らずに点数を取れている人もいるわけです。

それは「運」がもたらしたものではないのですが、自分のことを「ツイていない」という人に限ってそういったことを理解していないようです。

「運」は、その事実に対して人がどのように考えるかで変わってきます。松下幸之助さんは家は貧乏で体は病弱でしたが、それが「運がよかった」と述べています。

今までの人生を振り返ってみて「運がよかった!」と言う人は、自分がしっかりと準備をし、備えてきた結果です。ぜひ自信をもってください。

「運が悪かった・・・」という人はどこに原因があったのかを考えてみましょう。もしかすると「運」ではなく、ただの準備不足が招いた結果かもしれません。

「運」がよくなりたいという人は、自分の心の持ち方を変えたり、様々なことに対する準備をしたりするようにしましょう。それだけで「運」をよくすることができます。

天才になれる言葉

世の中にはどうやら才能というものが存在するようです。同じ量努力しても成果に違いが現れるのはそのためです。これは運動においても勉強においても同じことが言えます。

では、天才になることはできないかというと、そうではありません細菌学者の野口英世さんはこのように述べています。

努力だ。勉強だ。それが天才だ。誰よりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ。

生まれ持っての能力の差はどうすることもできません。生まれ持った能力では、人生においてその瞬間では負けることもあるでしょう。しかし、そこで全てが終わるわけではありません。

才能は、持っている力をどう使うかで差をつけたり、補ったりすることはできます。

努力して追いつけないなら、その倍努力すればよいのです。二倍でダメなら三倍、四倍と努力すればよいのです。それができれば誰だって天才なんです

「自分に才能はない」と嘆くよりも、「どうやったら才能を伸ばせるだろう?」と考え、日々努力したほうが建設的です。

成功者の一日の過ごし方がわかる言葉

「生きる」ということはどういうことなのでしょうか?ただそこにいるだけ、ただ息をしているだけでは生きているということにはならないでしょう。

日々の中で楽しさを見つけたり、自身が成長したりすることが生きるということなのではないでしょうか。この生きるということについて、物理学者の湯川秀樹さんはこのように述べています。

一日生きることは一歩進むことでありたい

一歩進む。つまり自分の中で成長や発見があるということです。毎日同じルーティーンで生活していると、そこに発見も成長もありません。機械の歯車のように同じところでぐるぐると回っているだけです。

そうならないように自分の感性を磨く必要があります。同じ電車に毎日乗っていたとしても、車内での過ごし方次第で自分を変えることはできます。

同じような仕事をしていたとしても、工夫して効率化する方法を考えながらやれば同じ内容であっても成果は変わってきます。

あのホリエモンこと堀江貴文さんは、刑務所の中の刑務作業で紙袋を折る仕事が当たったそうです。

普通なら単純すぎて何も考えずに同じことを繰り返してしまいそうなものですが、そこに工夫できることはないかと日々考えたといいます。

そこに自分が成長できることを見出せるかどうか、自分が工夫できることを見出せるかどうかが成功する上では大切なことなのです。

まとめ

成功できる人になるためには

①しっかりと準備をして”幸運”を引き寄せよう

②人の二倍、三倍努力しよう

③日々の生活を工夫し、自分を成長させよう

この3つが大切です。

~名言まとめ~

完全な準備のあるところに常に勝利がある。人はこれを”幸運”という

(探検家 アムンセン)

努力だ。勉強だ。それが天才だ。誰よりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ。

(細菌学者 野口英世)

一日生きることは一歩進むことでありたい

(物理学者 湯川秀樹)

これらの名言がみなさんの人生を豊かにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ヤマムカ

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。