名言

成功のために行動できる人になる言葉

計画の大切さがわかる言葉

みなさんは何事にも計画をしっかり立てるほうでしょうか?それとも流れに身を任せて行動するほうでしょうか?もし、自分の夢を叶えたいのであれば、それに向けてしっかりと計画を立てることが大切です。

この計画の大切さについて、『星の王子様』を書いた作家サン=テグジュペリはこのように述べています。

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない。

目標と願い事。この違いは計画性があるかどうかだと言っているのです。ただ漠然と「こうしたい」「こうなりたい」ではその目標を達成することはできません。ただ願っているだけでそうなれるわけがないのです。

自分の目標に向けて計画を立て、その課題を一つずつクリアしていく。そうすることで自分の目標を達成することができるのです。

達成したい目標、叶えたい夢があるのであれば、まずはそれに向けて計画を立てましょう。計画とは呼べないようなちょっとしたことでも構いません。「もっといい仕事に就きたい」と思っているのであれば、「明日、転職先を調べる」だけでもいいですし、「ダイエットしたい」ならば「今日寝る前に体重を計る」といったことでOKです。

計画を立て、行動する。それが目標を達成するために不可欠なことです。

考えるより行動することの大切さがわかる言葉

計画を立てることの大切さを説明しましたが、計画するだけでは意味がありません。当然、行動することが大切になってきます。

いざ行動しようとしたときに、色々なことが不安になり、行動できなくなってしまう人がいます。

「転職するために転職雑誌を買いに行こう!」「でも、会社の誰かにそれを見られたらどうしよう・・・」

「ダイエットをするために体重を計ろう!」「でも、毎日続けられるだろうか・・・」

このように、先のことを想像し、不安になり、行動に移せなくなってしまうのです。この考えすぎることの問題について、劇作家でもあり、詩人でもあったシラーはこのように述べています。

あまり考えすぎる者は何ごとをも成し得ない。

考えて考えて考え抜くと、それだけで何をした気になってしまうものです。しかし、考えただけでは実際には何も変わりません。考えたことを行動に移して初めて意味があるのです。

計画を立てて、順序立てて行動することはもちろん大切です。しかし、計画を立てて満足し、行動に移さないことには注意しなければなりません。

大切なのは行動することなのです。

行動することの意味がわかる言葉

行動することの大切さは多くの人が述べています。行動しなければ何も変わらないというのは誰もが知っている事実です。哲学者のルソーは行動の大切さについてこのように述べています。

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。

ルソーは、行動することこそが生きるということだと言っているのです。ゲーム『クロノ・トリガー』の中でエイラというキャラクターが無気力な人々に対して「お前達 生きていない 死んでないだけ」と話す場面があります。ルソーが言いたかったことも同じことでしょう。

生きるということは、自分で意思を持ち、自分のやりたいことや叶えたい夢に向かって行動することなのです。誰かに言われたことを延々とこなしていたり、つまらない日々を繰り返したりすることではありません。それは「死んでいないだけ」です。

人生100年時代を迎え、昔に比べると使える時間は増えました。より一層、私たちひとりひとりが生きている時間をどのように使うかで人生の豊かさに大きな差を生み出すようになったのです。

せっかくの人生なのですから、楽しく生き抜いていきましょう。

まとめ

成功するために行動できる人になるには、

①計画を立てること

②考えすぎず行動すること

③生きることは行動することだと肝に命じること

この3つが大切です。

~名言まとめ~

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない。

(作家 サン=テグジュペリ)

あまり考えすぎる者は何ごとをも成し得ない。

(劇作家・詩人 シラー)

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。

(哲学者 ルソー)

これらの名言がみなさんの人生を豊かにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ヤマムカ

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。