名言

目的の大切さを伝えたいときの名言「目的が明確さを欠く場合,結果はたいてい悪い方に向かっていく」

みなさんは日々の行動に目的をもっていますか?

そして、その目的は明確なものになっていますか?

「目的が明確さを欠く場合、結果はたいてい悪い方に向かっていく」グレッグ・マキューン

この言葉は目的の具体性の大切さを教えてくれるものです。

目的が明確さを欠く場合、結果はたいてい悪い方に向かっていく

私たちは日々をなんとなく過ごしてしまいます。

時間は黙っていても進みます。

同じ通勤路、同じ職場、似たような仕事。

それらを繰り返しているうちに本当の目的を見失ってしまうのです。

眼前の漠然とした目的や目標に時間を奪われ、日々を過ごしてしまい、大切なことを忘れてしまいます。

仕事であれば、そもそもその仕事を選んだ目的は何だったのでしょうか?

ただお金が欲しいだけであればもっと別の仕事もあったはずです。

その仕事を選んだのには必ず目的があったはずです。

それを忘れてしまっていないでしょうか?

「なぜ働きたくないのに働くのか」という問いに

「家族のため」と答える人がいます。

それはとても素晴らしいことです。

しかし、普段の生活を思い出してください。

家族のために他に何をしているでしょうか?

「家族のため」という答えは実は明確ではありません。

正しい理由は「家族のため」「お金を稼ぎ」「家族を幸せにすること」のはずです。

つまりは、「家族を幸せにするため」に働いてるはずなのです。

それなのに仕事の疲れを理由に家族とのコミュニケーションを面倒に思っていないでしょうか?

休日をだらだらと過ごしていないでしょうか?

もし、そうなっているのであれば、それはやはり目的を明確にできていないのです。

働く目的が家族ではないとしても同じ様に考えることができます。

「なぜ働きたくないのに働くのか」という問い対し「生きていくため」と答える人がいます。

しかし、生きていくだけなら働く必要はありません。

ホームレスでも生きていくことはできます。

それを選ばないということは、働く目的は実は「生きていくため」ではなく、「より自由に生きていくため」だということです。

ところが自由を求めて働いてるはずなのに、残業ばかりで自分の時間がなかったり、休日もほとんどなかったりしていないでしょうか?

それでは本当の目的を果たすことができていません。

こうした状況を改善しようとせず過ごしてしまうのは、やはり目的が明確になっていないからなのです。

自分のやりたいことを考えてみましょう。

そして、その目的を具体的に明確に考えましょう。

すると、実は余計なことを考えていたことや無駄なことを考えていたせいで行動に踏み出せなかったことに気付くでしょう。

もしくは、それほどやりたいことではなかったことに気付くはずです。

目的を明確にし,よりよい人生を送れるようにしましょう。

グレッグ・マキューンってどんな人?

シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEO。エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく世界中で講演、執筆をおこない、アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、シマンテックなどの有名企業にアドバイスを与えている。ハーバード・ビジネス・レビューおよびリンクトイン・インフルエンサー
の人気ブロガー。スタンフォード大学でDesigning Life, Essentiallyクラスを開講。著書の『エッセンシャル思考』と共著書『メンバーの才能を開花させる技法』(海と月社)は、ともに米国でベストセラー入りしている。2012年には世界経済フォーラムにより「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出された。(かんき出版より)

この名言を生んだグレッグ・マキューンさんは,上記の引用文にも書いてあるように,著書「エッセンシャル思考」で有名な方です。

この本の内容からも,彼が目的を大切にして生活していることがよくわかります。

目的を明確にし,それに沿って行動してきたからこそ名だたる企業のアドバイザーの地位にまで登りつめることができたのでしょう。

「エッセンシャル思考」とは?

「エッセンシャル思考」とは,「今,自分は正しいことに力を注いでいるか?」と絶えず自分に問い続けて考える生き方のことです。

ここで言う「正しいこと」とは自分の目的に沿ったものかどうかということです。

その行動は,はたして自分の目的を達成するために正しいのか。

つまり「エッセンシャル思考」は,自分の行動ひとつひとつに目的意識をもって望む生き方なのです。

より詳しく知りたい方は「エッセンシャル思考」をぜひお読みください。

 

終わりに

まずは,普段の自分の行動に「なんのためなのか?」と問い,無理矢理でも目的を考える習慣をつけましょう。

家でだらだらしよう→なんのため?→体を休めるため など

とってつけたような理由でも,無理やりでも構いません。

日々の行動に自分なりの目的をもって行動する習慣ができれば,人生において無駄な時間が減り,よりよい人生を送ることができるようになるはずです。

この記事が少しでもみなさんの人生を豊かにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。