名言

【名言フルネス】名言で人生を豊かに!「人生についての名言」

自分にとっての「うれしいこと」を見つけるのが人生の課題

【自分にとっての「うれしいこと」を見つけるのが人生の課題】

(脳科学者 茂木 健一郎)

よく「やりたいことが見つからない」「好きなことが何もない」といったことを耳にします。

これは特段めずらしいことではありません。

特に何も意識せずに過ごしてきたり、ただ親や先生の言うとおりにしてきたりすると、そういった「自分のしたいこと」がわからない症候群にかかりやすいです。

というのも、そういった人たちは、自分の「やりたいこと」かどうかよりも「やるべきかどうか」で行動してきたからです。

もちろん、やるべきことをしっかりとやることは大切です。

しかし、その先に自分のやりたいことがあったり、楽しみなことがあったりするから頑張ることができるわけです。

やるべきことだけを延々と続けるのは苦しいものです。

ですから、自分のやりたいことや自分にとってうれしいことを見つけましょう。

見つける方法はかんたんです。

とにかく行動してみることです。

少しでも興味があったら試してみる、やってみる。

世の中にはやってみなければわからないことがたくさんあります。

自分にとってのやりたいことやうれしいことがないという人は、まずは「色々なことに挑戦すること」を自分のやりたいことにしてみてはいかがでしょうか。

この名言に出会える本「脳を活かす勉強法」について

「脳を活かす勉強法」の構成について

この本は全8章となっています。内容は以下の通りです。

はじめに 入学当初の僕は「できない子」だった

第1講 脳は「ドーパミン」と「強化学習」が好き

第2講 「タイムプレッシャー」が脳の持続力を鍛える

第3講 「瞬間集中法」で勉強を習慣化させる

第4講 茂木健一郎流「記憶術」

第5講 茂木健一郎の「読書のススメ」

第6講 脳のコンディションを把握しよう

第7講 自分を変える「一回性」に巡り合うには

第8講 偶有性がさらなる脳の発達を促す

おわりに 知の「オープンエンド」時代がやってきた

「脳を活かす勉強法」で出会えるその他の名言

脳が喜びを感じるためには「強制されたものではない」ことが大事

脳が喜びを感じるためには「強制されたものではない」ことが大事

強制的にやらされていることに対して喜びを感じる人はほとんどいません。

人は自分で選んだことだからこそ一生懸命取り組むことができ、そこに喜びを見出すことができるのです。

ですから、もし自分が何か指示を受け、強制されることがあった場合は、内容を自分で設定し直すことをおすすめします。

たとえば、期限が設けられているものであれば、それよりも3日前に出すことを自分の中で期限としたり、2つ案を出せと言われていたところを3つ用意してみたりと、ちょっと自分でハードルをあげると、そこに「強制力」を感じにくくなります。

逆に人に何かをさせたい時は選択肢を与えることです。

A案とB案とC案のどれがいい?と聞けばよいのです。

もちろん、どれを選んでも問題のないようにしておきます。

そうすると、ただ「A案でやって」と言われるより、受け手は自分で選んだ気持ちがするものです。

強制された時は再設定、強制する時は選択肢です。

安全基地の役割とは、子どもがあくまでも自主的に挑戦しようとすることを、後ろからそっと支えてあげること

安全基地の役割とは、子どもがあくまでも自主的に挑戦しようとすることを、後ろからそっと支えてあげること

挑戦したり冒険したりすることができるのは、失敗したとしても戻ってくる場所があるからです。

子どもにとって安心してもどってくることができる場所が親であり、それを安全基地と表現しています。

つまり、親の役目とは常に子どもの前に立って道を教えてあげることではなく、子どもが自主的に取り組んでいるときはそれを見守り、失敗も含めて認めてあげることなのです。

「脳を活かす勉強法」のおすすめ度

「脳を活かす勉強法」のおすすめ度は

です。

この本では脳科学に基づいた自分のコントロール方法を学ぶことができます。

たとえば、どういった時にドーパミンが分泌され、それをコントロールするためにはどういった行動をとればいいのかといったことが書かれています。

また、誰でも読めるように簡単な言葉を使っている印象です。

あまり本を読み慣れていない人、脳科学に抵抗がある人でもすらすら読めるのではないでしょうか。

精神論ではなく、ある種の科学的な根拠があるほうが納得できるという方にはおすすめの1冊です。

おわりに

自分にとっての「うれしいこと」を仕事にすることができれば、それは楽しい人生になるはずです。

特に今の時代は何でも仕事にすることができる時代です。

自分が好きなことを仕事にしないのはもったいない。

自分にとっての「うれしいこと」を早く見つけることは、人生を豊かにする上では欠かせないことなのではないでしょうか。

 

~名言フルネス~

【自分にとっての「うれしいこと」を見つけるのが人生の課題】

【脳が喜びを感じるためには「強制されたものではない」ことが大事】

【安全基地の役割とは、子どもがあくまでも自主的に挑戦しようとすることを、後ろからそっと支えてあげること】

(脳科学者 茂木 健一郎)

これらの言葉がみなさんの人生を少しでも豊かなものにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

Yamamuka

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。