名言

人生を変える!先頭に立つ者になれる言葉

人が満足できる時がわかる言葉

生活していて満足できる瞬間とはどんな時でしょうか。とても美味しい物を食べることができた時でしょうか?それとも、何か大きな仕事をやり遂げた時でしょうか?

もちろん、人によって、満足できる瞬間は違ってくるでしょう。それはその人によって大切にしていることや人生の目的が異なるからなんです。

20世紀のドイツ文学を代表する文学者の一人であるヘッセは、満足を得られる時についてこのように語っています。

人は、自分自身のために生きるより、他人のために生きるほうが、満足が大きいのだ。

ヘッセってどんな人?

ヘルマン・カール・ヘッセは、ドイツ生まれのスイスの作家。主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者です。1946年には『ガラス玉演戯』などの作品が評価され、ノーベル文学賞を受賞しています。

みなさんも自分が満足した時を思い出してみましょう。おそらく、ほとんどが誰かとの関わりの中でその満足感は生まれているはずです。美味しい物を食べても、それを話題にできる相手がいなければ満足感は半減するはずです。それを共感してもらったり、自慢したりすることができないのですから。だからこそSNSで食べた物をみんなアップしているのでしょう。

仕事ももちろんそうです。相手がいると思うから頑張れるのです。誰の役にも立たない仕事はありません。その仕事を終えたことによって、誰かが助かったり、喜んだりすることがわかっているから満足感を得られるのです。

ある大学では、被験者にお金を配り、お金を自分のために使った人と人のために使った人の健康調査をしたところ、自分のためにお金を使った人のほうが健康に良い影響があったという結果も出ています。驚きですね。

他人のために何かをしたほうが満足感を得られるというのは、科学的にも証明されていることなのです。満足感が欲しいというあなたは人のためにできることをやってみましょう。身近なところで募金なんかもオススメですよ。

【夢をかなえるゾウ】実践記録 第2話 「久しぶりの募金は勇気がいる」第2話 久しぶりの募金は勇気がいる 「募金なんて最後にしたのいつか記憶にないなぁ」 自転車で近所のコンビニに向かいながらそんなこ...

集団から抜け出せる言葉

人のために何かをすることが、満足感を得るためには大切です。気を付けて欲しいのは、人のために何かをするというのは、誰かと一緒にいるということではないということです。大多数というだけで自分の価値が上がっているかのように勘違いしている人がいますが、とんでもない話です。何かの集団に属しているだけでは何も得られるものはありません。

人と協力したり、支えったりすることは必要なことではありますが、周りを見て、誰かが始めたから自分もやるでは、何も成すことはできないのです。この協力することと、何かを始めることについて、劇作家の岸田國士さんはこのように語っています。

一人では何も出来ぬ。しかし、まず誰かが始めなければならぬ。

岸田国士ってどんな人?

岸田國士(きしだ くにお)は、日本の劇作家・小説家・評論家・翻訳家・演出家です。代表作に、戯曲『牛山ホテル』、『チロルの秋』、小説『暖流』、『双面神』などがあります。

岸田國士さんは一人では何もできないと言うとともに、一人で行動することの大切さも語ってくれています。協力し合うことは大切です。しかし、最初の一歩は一人で踏み出さなければならないのです。人のために行動することで満足感を得ることができるということを知っておく一方で、自分で何かを成し遂げたいと思うのであれば、その集団から一歩踏み出す勇気を持つ必要もあるのです。

決断できる人になる言葉

人のために行動することの大切さを述べていたヘッセですが、実は一人で行動することの大切さも述べています。それがこの言葉です。

馬で行くことも、車で行くことも、二人で行くことも三人で行くこともできる。だが、最後の一歩は、自分ひとりで歩かねばならない。

何か悩みがある時、何か問題が発生した時、どうしたらいいのかを周りの人に聞くことはできます。しかし、どうするかを最後に決めるのは自分自身です

最後の決断を人に任せることはできないのです。人の考えたことに従うとしても、それは「その人の従うこと」を自分で決断したにすぎません。

仲間はもちろん大切です。自分ひとりでは途中で諦めてしまうようなことでも、支え合う仲間がいれば、やり遂げることができるかもしれません。それでも、最後に何かを決定するのは自分だということは心に留めておきましょう。

まとめ

先頭に立つ者になるには

①人に与える人になること

②最初に行動する人になること

③自分で決定できる人になること

この3つが大切です。

~名言まとめ~

人は、自分自身のために生きるより、他人のために生きるほうが、満足が大きいのだ。

馬で行くことも、車で行くことも、二人で行くことも三人で行くこともできる。だが、最後の一歩は、自分ひとりで歩かねばならない。

文学者 ヘッセ

一人では何も出来ぬ。しかし、まず誰かが始めなければならぬ。

劇作家 岸田國士

これらの名言がみなさんの人生を豊かにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ヤマムカ

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。