著名人

【名言】本田健の名言86選!

成功について

君がやらなければならない最初のことは、自分の望む人生をイメージすることです

まずは、イメージを持ちましょう。

 

どういう仕事がいいのか、どんな人生が欲しいのか、一つひとつはっきりさせていけばいい

幸せに成功したければ、自分らしい人生を生きることに集中して、お金や成功することを忘れるのが大切です

それを考えただけでワクワクするような目標でなければ、うまくいかない

具体的な期限を決めないと、何も起こらない

こちらの記事ではこの名言についてもう少し詳しく説明しています。

【名言フルネス】親から子へ 伝えたい3つの言葉親ができること 「子どもに伝えたい言葉」の前に大前提を共有しておきましょう。 実は、親が子どもにしてあげられることってあまりない...

失敗とは、あきらめてしまったときにのみ起こる現実

自分が知らないうちに自分に課した制限をはずすためには、「役割にはまらない」ということを意識しておくことです。

「何をやっても自分はうまくいくんだ」という根拠のない確信を持ってるかどうかが大切です

ある富豪は、成功するためにいちばん大切なことは、「多くを望むことだ」と言っていました

いまやっている仕事の中で、いちばん好きなこと、楽しいこと、喜ばれていることをやってみてください

成功者は、自分が望む現実が手に入るまで、目の前のことをやり続けるだけだ

あなたが真の成功を目指すなら、人望と人気の両方を得る工夫が必要です

人の3倍も挑戦すれば、成功しないわけがない

「キミが情熱的になれて、寝食を忘れるほど好きなこと」をやらなければ、成功できない

仕事の「工夫」には、「量」と「質」と「方向性」が大切

失敗とは、うまくいっていない時点で、あきらめること

成功するための唯一の方法は、失敗してもあきらめずに、挑戦し続けること

人生について

たいていの人は、人生で変化を起こすのが怖いものだ

人間は変化を嫌がる生き物です。その本能に打ち勝ちましょう。

 

ふだん考えていること、感じていることは、紙に書いたほうがいい

何かを決断するのに5分もかかるようではダメ

何事にも動じずに、淡々と生きることが、いちばん大切な心構えなのだ。外の状況がどういうものであれ、感謝と平安のみを選択しなさい。

これから一生のあいだ、目の前の選択肢の中から、いつもワクワクすること、怖いけど楽しそうなものを選ぶ

楽しいことは、出来事の中にあるのではなく、あらゆることが楽しいと思える心にあります。

言い訳をいい続けるのは、虫歯をそのままにして、ずっと痛みを感じながら生きていくような人生です。

このまま人生を過ごすとして、5年後、10年後、20年後、死ぬ前の自分を想像してみます。その時の自分が、「もし何か後悔するとしたら、それはいったい何か」を考える

私たちのほとんどが、好きなことより苦手なことをやるように、小さいことから教育されています

時間をつぶすという言葉がありますが、それは緩慢な自殺です。

本当に好きなものに囲まれて暮らしていると、それだけでハッピーになれるようでした

人生に無駄なことなんて、何一つとしてありません

何かがうまくできないことに対してイライラしたり、落ち込むとしたら、それは、そこに自分の未開発な才能が眠っていると思ってください

やったことよりも、やらなかったことのほうが後悔する

夢は、それが誰かの心に宿った時点で、もう実現する可能性を持っています

レストランで「ご注文は?」と聞かれて、「実はまだはっきり決まっていないんです」と答えたのでは、どんなに待っても料理が運ばれてくることはないでしょう。人生でも同様で、自分の人生にオーダーを出さなければ、最高の人生を手に入れることはできません

多くの人は「まあまあの生き方」を選んでいます。最悪を選ばないかわりに、最高も選んでいないのです

大きな一歩を踏み出すのは怖くても、小さな一歩なら踏み出せるかもしれません

人生で最大の不幸は、自分の居場所を間違うことだ

自分の願望に対して「できて当然」と思えるようにしなければなりません。「それだったらできるよ」のレベルを上げていけばいいのです

どこかで「安定」から飛び出す勇気が必要です

人生には2つの楽しみ方があります。1つは、望むものをどんどん手に入れること。もう1つは、いまあるものを味わって感謝すること

心からドキドキワクワクすることを、1日最低5分はやってください

小さな行動を起こすことで、実現するランデブーポイント=未来の一点へとつながるエネルギーの道がつくられる

どんなことが起きても、それは自分を幸せにするために起こっている

決断をすること=自分の新しい未来を創り出すこと

最高の未来は、いつも、今の意識の外にある

迷ったら、怖い方に飛び込め

「人生で、いちばんつまらないのはね、何も決めないまま、ただ時間をダラダラと過ごしてしまうこと」

「ずっと気にはなっていたけれど、やっていない楽しいこと」を、20個書き出して、「おもしろそう!」と思ったものから順番にやってみる

「目標を10個」をひねり出して、紙に書いてみましょう。すると、それがきっかけとなって、現実が動いたりします

才能を見つけたいなら、「まわりの人からの頼まれごと」を引き受けて、それをしっかりこなすことからスタートするといい

天職を探し出す道のりこそが人生の道のり

失敗の数だけ、老後の楽しい思い出が増える

世の中には「どちらも正しい」「どちらでもいい」ということがある

時間は効率よく使うのではなく、あなたが心から楽しいこと、ワクワクすることに使ってください

不運に見舞われても、不幸になる必要はない

政治、教育、ビジネスなどで、あなたが強く憤りを感じたり、ワクワクしたり、悲しくなったりするとしたら、それがまさしくあなたのライフテーマです。

今の生活のなかでイヤなものを一つ手放し、そのかわりに好きなものを一つ増やすという単純な作業を繰り返していくと、幸せの種が見えてきます。

お金について

普通の人は、『人からもらえるもの』にしか興味がないのだ。だから、金持ちになれない

自分が「与えることができるもの」について考えてみましょう。

 

お金はどれだけ稼いでも、たえず20%足りないと感じるもの

お金がないのが問題なのではなく、その問題をクリアしようとする熱意、クリエイティビティーがないのが本当の問題

大好きなことを本格的にやろうと思ったら、やはりある程度のお金をまわす技術がいります

お金から自由になるためにはね、「お金をいくら持っているかと、幸せは、まったく関係がない」ということを知ってほしい

お金持ちであることを見せびらかしても、いいことは1つもない

「自分の器」を超えてお金を手に入れてしまうと、人は不幸になってしまう

幸せな人はあまりお金を使わない傾向にある

普通の人は、お金を気晴らしに使いますが、金持ちたちは、ほかでうまく気晴らしをし、大事なお金をドブにすてるようなまねはしません

時間は、お金と違って貯めることができません。よりよく使うことしかできないのです。

幸せな金持ちの人生では、いろんなことが整理整頓されている

お金は使うとき、その性格から、二種類の使い方しかできません。それは、消費か投資かのどちらかです。

人との関わりについて

人は自分の好きなことをしている人間を応援したくなる

子どもにしてやれる最大の贈り物は、自分が好きなことをやって生活する姿を見せること

いい加減なことを口走ってはいけない。本当にその気がないことを言わないことだ。自分の真実を話さなければ、君の言葉のパワーはなくなってしまうからね。

自分の話す言葉に注意しなさい。ふだん君が話していることは、君の未来をつくる

人とつき合うことでいちばん大切なことは、君が接するすべての人に豊かさと幸せがもたらされることを願うことだ。

もし自分でできたとしても、できるだけ多くの人を巻き込んで助けてもらうことだ。そしてその人たちに感謝して喜んでもらうことが君の成功のスピードを速めるのだよ

誰かが他人を幸せにすることはできない。人は自分しか幸せにできない

「人生でいちばん後悔していることは?」という問いの答えで多いのは、「子どもとの時間をもっと持てばよかった」というものです

あなたの理想の人生をイメージして、そういう生き方をしている人を探すのです

親が心ゆくまで人生を楽しんでいたら、「大人の人生って楽しそうだな。早く大人になりたいな」と自然に思うでしょう

虐待の悲劇は、たとえ月に1回かもしれない暴力の影に、1か月のあいだ、24時間ずっと怯え続けなければならないことです

インターネットで調べれば1分で出る答えを暗記させるよりも、チームでいかにクリエイティブな答えを出すかという能力を高めたほうが、よほど将来に役立つと思います。

相手のいい加減でダメなところは、自分にもあるし、そういったことを許し合い、受けとめられることがパートナーシップの意味だと思えるかどうか

「頑張った分に見合う報いが得られていない」という思いが、「相手に自分のことを理解してもらえていない」と感じてしまう本質

多くの人は「誰かが、もっと自分のことをほめてくれたり、認めてくれたりしてもいいのに」と思っています。それは、ほめ言葉が「無料」だからです。

余裕のないときにも相手を思いやれるか、すべての人が試されています。

人は、「何かをもらった」と感じる相手には、必ず「返してあげたい」と感じるものです。

「決められてしまった人間関係」の中で、どうやって幸せを見出すのかを考える」

参考図書