名言

【名言フルネス】名言で人生を豊かに!「人との関わり方についての言葉」

【知っていても、あえて知らない顔をして聞くようでありたい】

【知っていても、あえて知らない顔をして聞くようでありたい】

(話し方研究所 所長 福田 健)

人が話している時に「それ知ってる」と割り込んだことはありませんか?

これはコミュニケーションとしてはNGです。

多くの人は話を聞くことよりも話をするほうが好きなものです。

他の人が知らないであろうことを話し、感心してもらったり、喜んでもらったりすると少しうれしいものです。

喜んでもらえるだろうと考えて話をしたのに「知ってる」と言われては、その心を踏みにじられた気持ちになってしまいます。

もちろん、相手が話している内容を知っていることもあるでしょう。

なんなら相手より詳しく知っていることだってあります。

しかし、そこは口を挟まずに大人しく話を聞くことに徹するべきです。

ある程度は知らないふりをして話を聞くのが気づかいなのです。

そのようにしていると、もしかすると次は本当にあなたにとって大切な情報やあなたが知らないことをその人が教えてくれるかもしれません。

ですから、相手が話している時は、たとえ知っているような内容だったとしても、知らない体で話を聞くようにしましょう。

この名言に出会える本「”大人の気づかい”ができる人の話し方」について

「”大人の気づかい”ができる人の話し方」の構成について

この本は全5章構成となっています。内容は以下の通りです。

はじめに

1章 「この人と、また話したい!」-好感を持たれる人の会話術

2章 気がきく人、きかない人-ここで差が出る「とっさの受け答え」

3章 説得・説明・質問・・・・・・相手が思わず乗ってくる「話し方」

4章 「ユーモアのある話し方」ができる人・できない人の共通点

5章 「言いにくいこと」を上手に伝える、頭のいい”言い方”

「”大人の気づかい”ができる人の話し方」で出会えるその他の名言

人間は無視されることを何よりも嫌う

【人間は無視されることを何よりも嫌う】

なんでも勝手に物事を進めようとする人がいます。

どんな仕事であっても色々な人が関わっているという意識が薄いのでしょう。

勝手に物事を決められ、進められると、それが仮に正しいことだとしても不快感をもつ人はいるものです。

そうなると、いざ助けてもらいたい時に動いてもらえなかったり、そもそも指示通りに動いてもらえなかったりする可能性があります。

ですから、何かやろうと思う時には、それに関わる人に一言断りを入れてから始めるようにしましょう。

返事を通して「気のきいた一言」を発している

【返事を通して「気のきいた一言」を発している】

「返事」は相手の話を聞いていたことを示すものです。

元気よく返事が返ってくると、相手としては「しっかり内容が伝わったんだな」という安心感がありますし、「おっ、やる気があるな」と意欲などを感じ取ったりするものです。

ですから「返事」をあなどってはいけません。

「返事」を返すことは誰にでもできることです。

その誰にでもできることの気を抜くことはもってのほかです。

元気よく返事をする、笑顔で返事をする、すぐに返事をする。

こういった当たり前のことを他の人がマネできないくらい本気でやれば、それだけで周囲の評価が変わってくるはずです。

「”大人の気づかい”ができる人の話し方」のおすすめ度

「”大人の気づかい”ができる人の話し方」のおすすめ度は・・・

です。

人とのコミュニケーションの基本が書いてある本です。

相手の名前をきちんと覚えること、話すときにはポイントがいくつあるのかを先に伝えることなど、大人として知っておきたい話し方の基本が多く書かれています。

これから社会に出て、社会人として多くの人と関わっていくという人にはおすすめの1冊です。

さぁ!名言を使ってみよう!

ここでは、日常生活の中で名言をどのように使うことができるかを紹介します。

【パート1】話に割り込んでくる人に対して

友人A
友人A
あー!その話知ってる!昨日ネットの記事に出てたよねー
ほんのびくん
ほんのびくん
【知っていても、あえて知らない顔をして聞くようでありたい】よね。せっかく話してくれてるんだからさ。

【パート2】相槌がテキトーな人に対して

友人A
友人A
ふーん。そうなんだーへぇ~
ほんのびくん
ほんのびくん
・・・【知っていても、あえて知らない顔をして聞くようでありたい】よね。そのほうが相手も話していて楽しいでしょ?

おわりに

人とのコミュニケーションには絶対の正解はありません。

その場やその人に応じて対応を変えていかなくてはなりません。

しかし、誰がされても嫌なことや誰がされてもうれしいことがあるのも事実です。

コミュニケーションの取り方について色々と考えてみましょう。

~名言フルネス~

【知っていても、あえて知らない顔をして聞くようでありたい】

【人間は無視されることを何よりも嫌う】

【返事を通して「気のきいた一言」を発している】

(話し方研究所 所長 福田 健)

これらの言葉がみなさんの人生を少しでも豊かなものにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

Yamamuka

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。