名言

【名言フルネス】名言で人生を豊かに!「コミュニケーションについての言葉」

人間関係では、相手が、自分自身を映す鏡となっている

【人間関係では、相手が、自分自身を映す鏡となっている】

(著述家 植西 聰)

なかなか関係がうまくいかない相手というのは、誰しもいるものです。

それは職場の上司かもしれませんし、同期の友人、もしくは近所に住んでいる人などかもしれません。

10人いれば10人とも違う人である以上、どうしても合う人と合わない人はいます。

それは仕方のないことです。

しかし、気を付けなくてはならないことがあります。

それは、自分自身が相手に対して不快な態度をとっていないかということです。

「嫌なアイツ」に対して自分も相手からしてみると「嫌なアイツ」になっていませんか?

こうなってしまうと関係が修復できないのはもちろんのこと、関係がうまくいっていた人との関係も悪くなる可能性もあります。

「嫌なアイツ」がいるのだとしたら、その人を見て自分の行動を改めましょう。

「人の振り見て我が振り直せ」です。

「嫌なアイツ」に対してあなたが「嫌なアイツ」になる必要はありません。

周りにはもっとあなたを助けてくれる人が大勢いるはずです。

この名言と出会える本「『やっかいな人』から身を守る85のコツ」について

「『やっかいな人』から身を守る85のコツ」の構成について

この本は全13章となっています。内容は以下の通りです。

まえがき

第1章 攻撃的な人から身を守る

第2章 エゴイストから自分をガードする

第3章 無神経な人への心の護身術

第4章 短期な人から身をかわす

第5章 マイナス思考人間をブロックする

第6章 頑固な人とストレスなくつき合う

第7章 ずるい人への防御術

第8章 なまけ者とうまくつき合う

第9章 冷たい人への対応術

第10章 完全主義者からの自衛手段

第11章 お調子者の介入を防ぐ

第12章 皮肉屋から心を守る

第13章 プライド人間と距離をおく

「『やっかいな人』から身を守る85のコツ」で出会えるその他の名言

相手と自分の共通点を探すことが大切

相手と自分の共通点を探すことが大切

苦手な人に対しては、つい自分との違いばかりに目を向けてしまうものです。

自分には理解できない相手の行動や発言に戸惑うこともあるでしょう。

しかし、そういったところよりも共通点に目を向けてみましょう。

すると今まで見えていなかった相手の良いところだったり、自分との意外な共通点だったりが見つかるかもしれませんよ。

どんな場合でも相手のメンツをつぶさない

どんな場合でも相手のメンツをつぶさない

嫌いな相手に対しては、自分も嫌われてもよいという考えのもと、相手のプライドやメンツといったものを気にせずに行動する人がいます。

しかし、これには注意が必要です。

第一に報復される可能性があること。

誰だってメンツをつぶされたりやプライドを傷つけられたらいい気持ちはしません。

それが敵意をむき出しにしてきているのであればなおさらです。

どこかで仕返しをする機会をうかがっているかもしれません。

第二に周囲の人からも距離を置かれる可能性があること。

メンツをつぶす、プライドが傷つけられるということは、周囲の人にも何か関わりがあることでしょう。

1対1の関係ではあまりそういったことは起きないと思われます。

ということは、あなたのその言動をを周囲の人も知っているということになります。

そういった行動に対し、不快感を示す人もいるでしょう。

「なにもそこまで・・・」と距離を取る人もいるかもしれませんし、「〇〇さんがかわいそう・・・」と相手の味方になる人もいるかもしれません。

このように考えると、いかに嫌いな相手だとしても相手のメンツをつぶすようなマネはしないほうが得策だということがわかると思います。

「『やっかいな人』から身を守る85のコツ」のおすすめ度

「『やっかいな人』から身を守る85のコツ」のおすすめ度はです。

「やっかいな人」という大きなくくりから、さらに13タイプに分かれて対応策が書かれています。

おそらく、自分が苦手とするタイプの人もこの13タイプの中にいるのではないでしょうか。

本のタイトルにもあるように全部で対応方法は85紹介されています。

自分が苦手とする人に合わせて選んで、実際に本に出ているコツを使うことができると思います。

タイプ別に分かれているので、自分に必要な部分だけ読んでもよいと思います。

ただ、人間関係の問題ですので、具体的な対応というよりは精神面によるものが多いことには注意が必要です。

さぁ!名言を使ってみよう!

ここでは、日常生活の中で名言をどのように使うことができるかを紹介します。

【パート1】上司にイラついている同僚に対して

同僚A
同僚A
マジあいつムカつく!なんであんなにいつも偉そうなん!?
ほんのびくん
ほんのびくん
まぁまぁ。【人間関係では、相手が、自分自身を映す鏡となっている】って言うから。もしかしたら部長からしてみると、Aの態度が偉そうに見えてるのかもよ?

【パート2】友達に腹を立てている友人に対して

友人A
友人A
いやーあいつのあの態度ムカつくわーいちいち一言余計なんだよなー
ほんのびくん
ほんのびくん
うんうん。【人間関係では、相手が、自分自身を映す鏡となっている】って言うし、Aも気を付けたほうがいいかもよ?

おわりに

インターネットが発達し、幅広く、薄い人間関係が広まっている現在では、人間関係の悩みがゼロになることは、おそらくほぼほぼ無理なのではないでしょうか。

しかし、もしかすると限りなくゼロに近づけることはできるかもしれません。

そのためには、まずは自分自身の心掛けが大切になってくるはずです。

~名言フルネス~

【人間関係では、相手が、自分自身を映す鏡となっている】

【相手と自分の共通点を探すことが大切】

【どんな場合でも相手のメンツをつぶさない】

(著述家 植西 聰)

これらの言葉がみなさんの人生を少しでも豊かなものにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

Yamamuka

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。