名言

人と正しく距離を取る方法!

人と意見、意見と人

あ、こいつ嫌いだ。そう思ったことありませんか。ありますよね。僕はあります。

生きていて多くの人と関わっていく以上、自分が好きな人と嫌いな人はいるものです。でも、ここで気をつけなくてはならないことがあります。

それは人と意見を分けるということです。

子どもは、これをグチャグチャにして考えてしまいます。大人でもたまにいるけど。

あの人のことは嫌い。だから、あの人の言うことは間違っている。と考えてしまうんですね。これってすごい危険なことです。だって、論理性のかけらもないじゃないですか。

このことについて堀江貴文さんは、こう語っています。

意見が一致しないことと、

相手のことを嫌うということは、

そもそも、まったく別のこと

意見が合わないというのは、あくまでその一部分のことです。ですから、他の場面では意見が一致するかもしれません。もしかしたら趣味も同じかも。好きな映画とか。

でも、ひとつ意見が違っただけで「こいつ嫌い!」ってフィルターをかけてしまうと、その人の他の面には全く気づくことができなくなってしまいます。もったいないですよね。

意見というのは、その人の立場やその時に応じて変わるものです。その人の人間性ではありません。ですから、一つや二つ意見が違うだけで、その人を嫌いになるのは、おかしな話なんです。

人と意見を分けよう

ねぇ!どっちがいいの?

好意は伝えなくてもいいです。でも、不満は伝えましょう。

あなたは、誰かに不満があった時どうするタイプですか?

①黙っている

②すぐに不満を言う

おススメは「②すぐに不満を言う」です。でも、不満を言ったら嫌われるでしょと思ったあなた。どっちがいいんですか?これからもその不満を持ち続けるのと嫌われるのと。

結局のところ不満があっても口に出さず、行動しないというのは、そのほうが楽だと自分が判断しているからなんです。

堀江貴文さんはこう述べています。

不満はあっても、

現状を維持するほうがその人にとって

「楽」だから、そうしているだけ

不満を言うということで相手に嫌われる可能性や仕事が回ってこなくなる可能性があるかもしれません。

そこで天秤にかけるわけです。不満を言うことと、それらの代償とを。

よく、言いたくても言えないんです!と言う人がいますが、それは違います。言わないほうが楽だから言わない選択をしているんです。言語が違って伝えられないというのなら別ですけど。

不満を言ったらクビになるかもしれない。じゃあ黙っていたほうが楽。

不満を言ったら給料が減るかもしれない。じゃや黙っていたほうが楽。

不満を言ったら友達がいなくなるかもしれない。じゃあ黙っていたほうが楽。

すべて「言う」と「言わない」でどっちが楽なのかを天秤にかけて判断しているだけなんです。

現状維持のほうが良いというのであれば、それはそれでいいでしょう。でも不満を持ち続ける人生が楽しいとは思えません。だから不満は声に出して伝えましょう。

少なくとも不満を言えなかった時、「言いたくても言えない」と考えるより「自分で言わない判断をしたんだ」と考えるほうがまだマシだと思います。

不満は、ぶつけよう

ここだけの話

ここだけの話ですが、僕は人の心を読むことができません。

いや、何言ってんだこいつって思いましたよね。でも、みなさん人の心を読もうとしてませんか?「今の自分の発言にみんなはどう思っただろうか」とか「ちょっと言い過ぎたかな・・・嫌われたかもしれない」とか。

そんなことを考えても想像でしかないわけです。でも、想像したくなる気持ちもわかります。だって人に嫌な思いはさせたくないですもんね。

このことについて堀江貴文さんはこんな言葉を残しています。

「相手が自分をどう思っているのか」

なんてことにかかわりあって、

自分の人生がなおざりになるなんて、

本当にもったいない。

もちろん、相手のことを考えることは大切でしょう。ムダに人を傷つける必要はありません。でも相手が主役になってしまってはいけないんです。だって、あなたの人生なんですから。

全てを相手のために考えて行動してしまったり、相手のことを考えて遠慮してしまったりしていては、あなたのやりたいことはできなくなってしまいます。

あなたがやりたいことをやる時、もしかしたら敵を作ることになるかもしれません。でも、いいじゃないですか。敵がいるほうがゲームは盛り上がるもんです。

人がどう思っているかなんてわかりません。結局は想像でしかないんです。だったら、そんなことは気にしないで自分がやりたいことをやったほうが人生トクですよね。

どう思われているか考えない

まとめ

生きていく以上、人と関わることは避けては通れません。でも、関わり方に絶対の正解なんてないんです。あったら世界平和はとっくに実現しているはずです。

だからこそ、自分ができることに重点をおきましょう。人と意見を分けることも、不満を伝えることも自分ができることです。相手に何かを求めようとするとロクなことになりません。

人と正しく距離を取るためには、自分がどう動くかが大切になってくるんです。

~名言まとめ~

【意見が一致しないことと、相手のことを嫌うということは、そもそも、まったく別のこと】

【不満はあっても、現状を維持するほうがその人にとって「楽」だから、そうしているだけ】

【「相手が自分をどう思っているのか」なんてことにかかわりあって、自分の人生がなおざりになるなんて、本当にもったいない。】

堀江 貴文

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ヤマムカ

ツイッターもフォローしてくれるとうれしいです!

ツイッターでも,読んだ本の名言を随時紹介しています。

紹介した名言が出てくる本