名言

【名言フルネス】名言で人生を豊かに!「二流の人と一流の人」

二流の人は即効性を求める傾向がある。一流の人は能力や技術を徹底的に磨き上げる。

【二流の人は即効性を求める傾向がある。一流の人は能力や技術を徹底的に磨き上げる。】

(経営コンサルタント スティーブ・シーボルド)

人はどうしてもすぐに結果や成果を求めてしまいます。

しかし、即効性があるものは、その効果が薄れるのも早いものです。

まれにすぐに大きな成果や結果を出す人がいますが、それはホントに極少数ですし、詳しく調べてみると以前からコツコツを努力を積み重ねていることも多いです。

地道な努力というのはすぐに結果として何かに現れるわけではありません。

また、その努力はすぐに誰かに評価されるものでもありません。

努力を続けているうちに不安にかられる時もあるでしょう。

努力の方向性が間違っているのではないか・・・

このままでよいのだろうか・・・

努力する内容を時と場合に応じて変えていくことはもちろん大切です。

しかし、成果が出ないからといって努力自体を諦めたり、すぐに成果が出るという甘い言葉にだまされたりしてはいけません。

長期にわたって成果を得たいのであれば、その準備にも長期間かかるものなのです。

この名言と出会える本「一流の人に学ぶ自分の磨き方」について

「一流の人に学ぶ自分の磨き方」の構成について

この本は全12章となっています。内容は以下の通りです。

献辞

はじめに

第 1章 信念

第 2章 勇気

第 3章 努力

第 4章 情熱

第 5章 成長

第 6章 規律

第 7章 学習

第 8章 感謝

第 9章 謙虚

第10章 正義

第11章 忍耐

第12章 寛容

「一流の人に学ぶ自分の磨き方」で出会えるその他の名言

一流の人にとって勝利とは、昨日の自分を超えることを意味する

一流の人にとって勝利とは、昨日の自分を超えることを意味する】

一流の人は他人と自分を比較することをしません。

常に自分と戦い、過去の自分と比べて自分が成長できているかを考えます。

人と比べて闘志を燃やすことは良いことかもしれません。

しかし、誰かに勝つことが目的になってしまうと、その目的を自己成長ではなく、足を引っ張ることで達成しようとしてしまうことがあります。

ですから、他人ではなく、過去の自分と戦うようにしましょう。

明確な目標を紙に書いている人は、国民全体のわずか5%にすぎない

【明確な目標を紙に書いている人は、国民全体のわずか5%にすぎない】

誰しも情熱を持ち、目標を立てる瞬間があります。

しかし、その目標を覚え続けている人はほとんどいません。

なぜなら、それを紙に書いて残しておかないからです。

目標を紙に書くことに抵抗を感じる人もいるようです。

「誰かに見られたら恥ずかしい」

「達成できなかったらかっこ悪い」

しかし、目標を達成できないほうが恥ずかしいし、かっこ悪いはずです。

目標を書き、そして自分がいつも見るところに貼っておきましょう。

それを潜在意識にまで刷り込むことができたなら、その目標は達成できるはずです。

「一流の人に学ぶ自分の磨き方」のおすすめ度

「一流の人に学ぶ自分の磨き方」のおすすめ度は

です。

かなり細かく分類されていて、自分に必要な部分だけ読むことができます。

一流は〇〇、二流は〇〇と対比されて書かれているので内容も理解しやすいです。

ただ内容については様々なビジネス書や自己啓発書に書かれているものと大差はありません。

わかりやすく、かんたんに一流の人のエッセンスを吸収したいという人にはおすすめの1冊です。

さぁ!名言を使ってみよう!

ここでは、日常生活の中で名言をどのように使うことができるかを紹介します。

【パート1】努力が実らないと嘆く人に対して

友人A
友人A
あーあ。それなりにがんばってるのに何も報われないなーもうやめようかなぁ・・・
ほんのびくん
ほんのびくん
【二流の人は即効性を求める傾向がある。一流の人は能力や技術を徹底的に磨き上げる。】って言葉があってね。成果はすぐに見られないかもしれないけど、それを続けることができるかどうかが分かれ道だよ。

【パート2】すぐに成果をもってこいとうるさい人に対して

上司A
上司A
いいから結果をもってこい!過程なんかどうでもいいんだ!
ほんのびくん
ほんのびくん
【二流の人は即効性を求める傾向がある。一流の人は能力や技術を徹底的に磨き上げる。】って言葉がありまして。まずはじっくりとスキルを身に付けさせたほうが長期的に見た時によいのでは?

おわりに

なんでも成果ってなかなか現れないものです。

私は受験勉強の時にそれを痛感しました。

しかし、ある時を境にぐっと点数が上がったのを覚えています。

努力を継続すると、ある点を超えた時にいきなり一段階も二段階もレベルが上がるのだと思います。

ここにタイトルを入力

【二流の人は即効性を求める傾向がある。一流の人は能力や技術を徹底的に磨き上げる。】

【一流の人にとって勝利とは、昨日の自分を超えることを意味する】

【明確な目標を紙に書いている人は、国民全体のわずか5%にすぎない】

(経営コンサルタント スティーブ・シーボルド)

これらの言葉がみなさんの人生を少しでも豊かなものにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

Yamamuka

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!
ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。