名言

【名言フルネス】仕事ができる人になる!心に留めておきたい3つの名言

「やる」か「やらない」か ~円谷 英二

他人から「できますか?」と聞かれたら、とりあえず「できます」と答えちゃうんだよ、その後で頭が痛くなるくらい考えぬけば大抵のことはできてしまうものなんだ。

特撮監督 円谷 英二

できるかどうかではなく、「やる」か「やらない」かなんです。

ほとんどの仕事って初めてやるものです。似た仕事をしたことがあったとしても、全く同じ仕事をやることはほとんどありません

そう考えるとどんな仕事だって「できる」かどうかはわかりませんよね。

それだったらなんでも「やります!」と言って挑戦してみたほうがいいんです。ただし、「やります!」と言ったからには責任を持ってやることです。

言ってしまった以上はやらなくては・・・という気持ちがあなたを成長させてくれます。

今までできなかったことができるようになることを成長と言うはずです。

自分を半ば強制的に成長させるためにも、「できますか?」と聞かれたらすぐに「できます!」と答える習慣を持ちましょう。

挑戦することで成長できる。

はじめの一歩 ~アウソニウス~

大変な仕事だと思っても、まずは取りかかってしまいなさい。仕事に手をつけた、それで半分の仕事は終わったようなものです。

詩人 アウソニウス

仕事が遅いのはその仕事を始めるのが遅いからです。もちろん始める時刻のことではありませんよ。始める時期の話です。

自分の中でちょっと大変だなと思う仕事ってつい後回しにしてしまいますよね。「先にこっちの仕事を片付けてから・・・」なんて。その気持ちはわかります。

でも、それが仕事が遅い原因なんです。

後回し後回しにした結果、締め切り直前になってから慌てることになってしまったり、締め切りを破ることになってしまったりするんです。これってマズい。

だから、まずはちょっとでも仕事に手をつけておきましょう。文章を作るなら最初の一文だけでも書いておくとか、パワポを作るなら一枚目だけでも作っておくとか。

始めてみると案外できる場合もありますよ。「始める」こと自体が面倒なだけで内容自体は実は大変じゃなかったってパターンがあるんです。

一方で「やっぱり無理!」っていう場合も、手をつけておくとそれだけで次にその仕事に取り掛かる時の抵抗感は減りますよ。

0を1にする時が一番大変なんです。だから、「ちょっと大変そうだな・・・」という仕事をやる時こそ、まずはちょっとやっておくということを習慣にしましょう。

大変な仕事こそとりあえず手をつけておく。

方向性 ~ジョン・F・ケネディ~

目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。

アメリカ大統領 ジョン・F・ケネディ

自分の目指す理想像と方向性をちゃんと持っていますか?これらがないと今の自分に足りないものや今の自分がやるべきことが見えてきません。

例えば、将来的に独立しようとしているのか、それともその会社で上を目指していくのかでやるべきことは変わってくるはずです。

闇雲に努力していても効果は薄いもの。努力は目的があるから効果があるんです。

まずは理想像を持ちましょう。4年後、10年後にはこんな人になっていたいという姿を想像するんです。

そうしたら次は逆算していけばいいんです。4年後にそうなっているためには3年後には・・・2年後には・・・。

もちろん、予定通りにいかないこともあると思います。その時は修正したらいいだけです。

大切なのは目的をもって行動することです。きちんとした目的があれば全ての仕事に一貫性が出てきて、成果がかけ算になっていくはずですよ。

自分の理想像をもとう。

まとめ

名言フルネス

他人から「できますか?」と聞かれたら、とりあえず「できます」と答えちゃうんだよ、その後で頭が痛くなるくらい考えぬけば大抵のことはできてしまうものなんだ。

特撮監督 円谷 英二

大変な仕事だと思っても、まずは取りかかってしまいなさい。仕事に手をつけた、それで半分の仕事は終わったようなものです。

詩人 アウソニウス

目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。

アメリカ大統領 ジョン・F・ケネディ