名言

すぐに行動できるようになる名言!今日から行動派になろう!

行動に移す勇気

キング牧師の言葉

新しく何かを始めようとする時、色々なことを考えると思います。当然、不安や悩みもあるでしょう。「失敗したらどうしよう」「やることが多すぎる」「今はまだ無理かも」何かに挑戦する時、こういった先の見えないことを考え、なかなか行動に移すことができないという人が多いのです。

これに対し、キング牧師

最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。ただ、最初の一段をのぼりなさい。

と述べています。

先のことを考えたり、想像したりするのではなく、まずは一歩目を踏み出し、行動に移すことの大切さを伝えているのです。余計なことを考えるとやる気を失うこともありますし、行動に移す勇気が失われることもあります。階段の先を見てしまうとのぼる気がなくなるようにです。しかし、一段一段着実にのぼっていけば、確実に上にたどり着けるのと同じように、どんなことであっても少しでも前に進むことが大切なのです。

シュバイツァーの言葉

また、何かに挑戦するとき、挑戦できない理由を周りの人や環境のせいにする人がいます。「今はまだ子どもが小さいから」「今の仕事を自分が抜けるわけにはいかない」「もっと都会に住んでいればできる」このように次々と周りのせいにして挑戦することを避けようとするのです。

このことについて医師のシュバイツァーはこう語っています。

人は自分の問題を環境のせいにするのをやめなければならない。

周りのせいにするのはかんたんです。そうして自分を正当化し、自分の尊厳を守ることはできるでしょう。しかし、自分の成長はありませんし、新しい変化もありません。まわりのせいにするのは、今の自分が抱えている問題から目を背けているだけなのです。

渡部昇一の言葉

さらに、英語学者の渡部昇一さんは

人生で一番大事なことはなにか、一つあげよと問われたら、私は躊躇なく「できない理由を探すな」と言いたい

と述べています。シュバイツァーと言いたいことは同じでしょう。周りの環境や人のせいにして「できない理由」を探していては、何にも挑戦することはできないのです。「できない理由」よりも「できる根拠」や「やらなければならない理由」を探しましょう。こじつけでも構いません。無理やりにでもそういった行動する理由を考えることが大切なのです。それが習慣になれば、どんなことでもすぐに行動できるようになります。

挑戦する時に大事なことは2つです。1つは先のことを考えず、今の自分ができることから始めること。もう1つは周りの人や環境のせいにして「できない理由」を探さないことです。

自分が挑戦するかどうか迷っているとき、今回紹介した3つの名言を思い出してください。きっとあなたの挑戦を後押ししてくれるはずです。

まとめ

名言

最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。ただ、最初の一段をのぼりなさい。

(キング牧師)

人は自分の問題を環境のせいにするのをやめなければならない。

(シュバイツァー)

人生で一番大事なことはなにか、一つあげよと問われたら、私は躊躇なく「できない理由を探すな」と言いたい

(渡部昇一)

これらの名言がみなさんの人生を少しでも豊かにする手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ヤマムカ

ツイッターをフォローしてくれると喜びます!

ツイッターでは,読んでいる本の名言を随時紹介しています。