未分類

【小・中学生向け】幸せな生き方④「幸せと時間」

今のキミに「時間」はあるかい?

小学生でも中学生でも今は部活や習い事でなかなか忙しい生活を送っているかもしれないね。

ぼくもそうだったよ。

もし、キミが「高校生になったらもっと時間があるはず・・・」とか「大人になればもっと自由な時間が増えるはず・・・」と思っているのであれば、それは大きな間違いだということを伝えておこう。

単純な話だ。

キミがこれから先いくつになろうと1日が24時間であることは変わらない。

当たり前のことだよね。

だから、年をとったからといって時間が増えるわけじゃない。

大人になればもっと自由に過ごせて自由な時間が増えると思っている人が多いみたいだけどそんなことはない。

大人になれば、今まではなかった「やること」も増える。

下手したら今までよりももっと「時間」がなくなってしまうかもしれない。

大人であっても「時間」がないってさわいでいる人はたくさんいるからね。

いいかい。キミは今のうちに「時間」をコントロールできるようになっておくべきだ。

「時間」はコントロールできる。

実は「時間」をコントロールするのはとてもかんたんだ。

よく覚えておくんだよ。

まずは、自分の中で行動の優先順位を決めるんだ。

キミは宿題とか習い事の練習とかをしなきゃいけないとわかっているのに、テレビを見たりYouTubeを見たりゲームをしたりしていないかい?

ぼくはよくやっていたよ。

その時間って幸せじゃないよね。

だって頭の中で「勉強しなきゃなぁ」とか「ピアノの練習しないと・・・」とかやらなきゃならないことがグルグルしてるじゃない。

それは時間を無駄にしてしまっている。

同じ時間を過ごすなら自分の幸せ度を限界まで上げたほうがいい。

そのためにはどうしたらいい?

そう、やらなければならないことを先にやるしかないんだ。

どうせ「勉強」や「練習」をしなきゃいけないのなら先にやってしまおう。

この「優先順位」を間違えないだけでキミには多くの時間が生まれるはずだ。

もう1つはちょっとの時間をムダにしないことだ。

キミの生活の中には実はものすごいムダな時間がある。

こんなことを言うと「そんなことはない!」って言うだろうけど、そんなこと「ある」んだよ。

例えば、テレビを見ている時のCMの時間だ。

なんとなく流れでCMを見ていないかい?CMにそんなに興味があるわけでもないはずなのに。

これは完全にムダな時間だ。

ぼくが言う「ムダな時間」っていうのは「なんとなくやってしまっている時間」のことなんだよ。

そんなに興味があるわけじゃないけど、ついでに見ているYouTubeの関連動画とか、そんなにおもしろいと思ってないけど友達がやっているからってやってるゲームとか。

それらは全部キミにとっては「ムダな時間」だ。

その時間をキミが心からやりたいことに使ったほうがいい。

もし、心からやりたいことがないのであれば、「やらなければならないこと」を一生懸命やろう。

そうしたら「やりたいこと」が見つかるはずだよ。

もう一度言う。

時間は限られている。

キミはまだ若いからきっと時間が無限にあるように感じるかもしれない。

でも、そんなことはない。

そして、これから先もキミの時間が増えることはない。

1日はいつだって24時間だ。

その24時間をどれだけ自分のやりたいことにちゃんと使えるかどうか。

これが、これから先のキミの人生を大きく左右することになる。

さぁ、今キミがやらなければならないことはなんだい?

思いついたらすぐに行動するんだ。

それだけでキミはもっと幸せになれる。