未分類

プログラミング教育って何が始まるの?

はじめに

2020年度からプログラミング教育が全小学校で必修化します。

でも、そんなものを習っていない私たちからしてみると、一体何を勉強するのかよくわからないですよね。

そんなよくわからないままで子どもを勉強させるわけにはいきません

そこで、この記事では「プログラミング教育とは何なのか」といったことについて紹介します。この記事を読めば、わけがわからない不安におそわれることはなくなりますよ。

プログラミング教育って?

プログラミングって?

プログラミング教育について語る前に、そもそもプログラミングとは何なのか、ということについて説明しましょう。

プログラミングとは、人の意図した処理を行うようにコンピュータに指示をすることです。

プログラミングと聞くと、キーボードをカタカタやって何かつくるってイメージを持っている人が多いと思います。これはプログラミング言語を使って作業しているイメージなんですね。

プログラミング言語にはJAVAやPython、PHPなどがあります。これらは一朝一夕で覚えられるようなものではありません。ですから、あせってこういった言語を習わせようとする親がちらほら見られるのです。

でも、小学校で学ぶのはプログラミング言語ではありません。小学校でやるのはビジュアルプログラミングです

これは言語のように専門知識は全く必要ありません。ブロックと記号を組み合わせていくだけで簡単にプログラミングを体験することができます

有名なところでいくと、Scratchやプログラミンなどがあります。学校でも多くはScratchを利用していますね。

Scratch 公式ページ

プログラミン 公式ページ

これらは遊び感覚でどんどん取り組むことができます。プログラミングの仕組みを学ぶにはとてもよい教材です。無料で体験することができるので、興味のある方はぜひやってみてください。

小学校で学習するのはプログラミング言語ではなく、ビジュアルプログラミング

なんでプログラミング教育が必要なの?

では、なぜプログラミング教育が導入されることになったのでしょうか

一番の理由はこれからの時代に対応していくためでしょう。これからの時代はsociety5.0と言われています。1.0が狩猟社会、2.0が農耕社会、3.0が工業社会、4.0が情報社会、そしてその次が来ると言われているんです。

society5.0 詳細ページsociety5.0 動画

この社会ではインターネットとAIが今までよりもグッと密接に生活に関わるようになります。5Gの導入によりIotが進み、ほとんどのものはインターネットとつながるようになるはずです。

これで子どもに聞かれても大丈夫!5Gって何?はじめに 「5G」「5G」と世間を賑わせているこの言葉。デジタルネイティブの今の子どもたちは興味深々ですよね。そして、子どもたちは聞い...

その社会においてプログラミングの知識は最低限もっておくべきだし、そういった社会を支える人材を輩出していきたいという思いがあるわけです。

ただでさえ日本は中国の15分の1程度しかエンジニアを育てることができていません。これでは、世界からどんどん取り残されていくのは目に見えていますよね。そこになんとか歯止めをかけたいんです。

society5.0に向けてプログラミングを身近なものにしておきたい

プログラミング教育で何を学ぶの?

結局のところプログラミング教育で学ぶことって何なの?ビジュアルプログラミングさえやっておけばいいの?って声が聞こえてきそうです。

プログラミング教育の一番の目玉はプログラミング的思考を学ぶことにあります。

プログラミング的思考とは、プログラミングをする際に必要となる論理的な思考のことです。

物事を細分化したり、グループ分けしたり、修正したりする一連の思考のことをプログラミング的思考と言っています。

例えば、歯みがき。これをプログラミング的思考で考えさせるとなると「まずは歯ブラシを手に取る」「歯ブラシを口に運ぶ」「左右に動かす」「繰り返す」のような感じになります。

気付いた方もいるかもしれませんが、こういったことは何もプログラミング教材はなければできないものかと言うとそんなことはありません。

事実、プログラミング的思考はどの教科でも今まで通りの授業の中で取り入れることができるものだと述べている教授もいるんです。

プログラミング教育で学ぶものは技術ではなく思考

おわりに

自分たちが全くやっていないことを子どもがやっているとなると漠然とした不安がありますよね。知らないことは教えることもできませんし。

でも、プログラミングに関しては、親も一緒になって取り組むことも大事だと思います。私たち親もこれからの時代を生きていくわけですし。「なんかよくわかんない」と避けてばかりもいられないんです。

実際にやってみること、体験してみることがプログラミング教育の理解につながるはずです。ネット上にも様々なプログラミング教材がありますので、気になるものがあればぜひ挑戦してみてくださいね。