書評

【オススメKindle漫画】『拙者、無名でござる』【無料】

  • 「Kindleでおもしろいマンガを読みたい」
  • 「Kindleで読めるマンガを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

ヤマムラ
ヤマムラ
はじめまして!

私は365日年中無休で本を読みあさっている男・ヤマムラと申します。

マンガにビジネス書・自己啓発書・絵本など様々なジャンルの本を読んでいます。

マンガと一口に言っても、発行されている量が多すぎておもしろいマンガを探すのも一苦労ですよね?

そこで、この記事では私がオススメするKindleで読めるマンガを紹介します。

あなたのマンガライフの一助となれば幸いです。

それではいきましょう!

https://honnobi.com/comic-review-aruhitotuzenn

Kindleで読めるオススメ漫画『拙者、無名でござる』

『拙者、無名でござる』のおすすめポイント3つ!

  1. 忍者と自分の姿が重なるストーリー!
  2. 構えないで読める絵柄!
  3. 応援したくなる忍者のキャラクター!

それでは、詳しく説明していきましょう。

忍者と自分の姿が重なるストーリー!

『拙者、無名でござる』より

子どもを幼稚園や保育園に行った時に無情に浴びせられる言葉「お父さんじゃヤダ」

「いや、ヤダって言われても・・・」と思いますし、ちょっと傷つきますよね。

主人公の忍者チン丸も同じです。

せっかく娘を迎えに行ったのに言われた言葉は「パパ イヤ」

同情しますね。

“忍者”という非現実に“嫌がられるお父さん”という現実がマッチすることで独特な世界観が広がる作品です。

構えないで読める絵柄!

『拙者、無名でござる』より

細かく描かれた漫画って読んでいて楽しいものですが、ちょっと疲れますよね。

『拙者、無名でござる』はその点の心配はいりません。

なんとも言えない優しいタッチの絵に癒されること間違いなしです。

応援したくなる忍者のキャラクター!

『拙者、無名でござる』より

漫画上では“忍者”という職業ですが、ここに自分の職業を当てはめるとチン丸に親近感がわいてきます。

チン丸のように、人から言われた“才能がある”、“センスがある”という言葉を信じて生活してきた人は少なくないでしょう。

でもある日、気付いてしまうんですよね。

自分の“才能”や“センス”なんて大したものではないということに。

それでも自分が大切にしてきたモノを捨てきれずに過ごす日々・・・

共感できる人は多いはずです。

ギャグテイストなのにちょっぴり切なく、そして、頑張るエネルギーをくれる漫画です。

ぜひ、ご一読ください。

 

★まさかの現代に生きる忍者

月額980円で、雑誌マンガビジネス書などが読み放題になるAmazonのサービスKindle Unlimited会員なら、もっと多くの漫画を無料で読めちゃいます!

登録月は無料ですので、この機会にぜひ!

30日間無料で使ってみる

【著者】丸本チンタってどんな人?

画像は著者Twitterより

丸本チンタはフリーのイラストレーター・漫画家。

ブログやYoutubeなど様々なジャンルで活躍している。

主な著書に「おひさま もっちゃん」「親バカと言われますが、自覚はありません。」などがある。

【書籍の情報】

【書籍名】拙者、無名でござる

【著者】丸本チンタ

【出版社】Amazon

【オススメ度】★★★★☆(評価基準はこちら

【発売した年】2018年

【ページ数】37ページ

丸本チンタさん、おもしろい漫画をありがとうございます!

【お知らせ】

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

よければ応援クリックをお願いします

夢を追い続けるのってゴールの見えないマラソンのようなものかもしれませんね。