書評

【オススメ無料漫画】『離婚してもいいですか』 野原広子 著 幸せって何だっけ?

【離婚を決意するまでの過程を女性の視点から見られる!】

34歳2児の母である志保は夫に日々の不満を募らせていました。周りから見ると「幸せな家庭」「ステキな夫」なのかもしれない。でも、私には・・・。女性は共感、男性は不安。そんな気持ちを抱かせる作品です。

【書籍の紹介】一度頭に浮かぶと離れない

あらすじ

主人公は34歳2児の母である志保

常にモヤモヤしている志保

夫への不満が日々積み重なり、「離婚」を考えない日はありません。

女性の視点から見た夫への家庭生活の不満が描かれている作品となっています。

がっつり女性視点

夫婦生活を営んだことがある女性なら主人公の志保に共感できる部分があるはずです。

例えば、志保は夫に対して

  • 何度言っても靴下を伸ばして洗濯かごに入れてくれない
  • 休日に子どもと積極的に遊んでくれない
  • パソコン(ゲーム)ばかりしている

などといったことに不満をもちます。

「そんなことで?」と思った女性のあなた。

ここで紹介したのはほんの一部です。

読めば自分の体験と似た部分が見つかると思いますよ。

男性は参考に

そう見えていても・・・

こういった離婚漫画を読んだ時に、

あれ?うちもヤバいかも?

と考える人と

まぁ、うちには関係ないな。

と考える人がいると思います。

もちろん、気を付けたほうがいいのは後者の人です。

ぜひ奥様に本作品を見せてみてください。

大丈夫だと思っている人ほど、奥様がなんとも言えない表情を見せるかもしれませんよ。

正直モヤモヤは否めない

それを言っちゃあ・・・

明らかに夫に非がある部分も多いものの、志保の「離婚したい願望」が前面に出すぎているのが気になります。

  • 浮気されたから
  • DVされたから
  • 酒やギャンブルに溺れるから

といった明らかな理由があっての「離婚」というよりも、「離婚したい」からその理由を探す生活になっているんです。

そうなってしまうと、もうどうにも取り返しはつきませんよね。

現実ってそんなもんだよね

よくも悪くも現実的な作品なのかもしれません。

現実はドラマとか映画のようにドラマチックな展開なんてないと思えば、本書の結末にも納得できるのではないでしょうか。

結婚生活にマンネリを感じている方はぜひ読んでみてください。

 

★結婚生活に大切なことってなんでしょう?

Kindle Unlimited会員になれば無料で読めちゃいます!

無料体験期間中に読みましょう!

こんなにためになる作品が無料で読めるなんていい時代になったものですね・・・

【書籍の情報】オススメ度など

【書籍名】離婚してもいいですか?

【著者】野原広子

【出版社】KADOKAWA

【オススメ度】★★☆☆☆(評価基準はこちら

【発売した年】2014年

【ページ数】160ページ

野原広子さん、ためになる1冊をありがとうございます!

【お知らせ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今日は何位でしょうか・・・?

応援クリックをお願いします