書評

【オススメ無料漫画】『毎日やらかしてます。』 沖田×華 著 やりたくてやってるわけじゃない

【発達障害って何?という人はぜひご一読を!】

アスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥多動性障害などの発達障害があると診断を受けている漫画家・沖田×華が発達障害を抱える人の大変さをコメディタッチで描いた作品。

こんな人にオススメ!
  • 発達障害について知りたい人
  • 発達障害のことを知らない人
  • 自身が発達障害かもしれないと思っている人

【書籍の紹介】あなたも周りにも

登場人物

漫画家

本書の主な登場人物は著者である沖田×華(おきたばっか)氏。

著者は

  • アスペルガー症候群
  • 学習障害
  • 注意欠陥多動性障害

などの発達障害を抱えています。

本書はそんな筆者自身の体験談をもとに描かれた作品なのです。

ちなみに著者の作品で有名なものとしては『透明なゆりかご』があります。

こちらはドラマにもなりましたね。

もちろん、著者以外にも発達障害を抱えた人たちが登場します。

実はめずらしくない

知人の編集長オフ会で会った人たちなど個性豊かな面々です。

とんでもない人や自身の特性を理解して幸せになった人もいます。

あらすじ

こんな編集長は嫌だ

本編は大きく以下の3つに分かれています。

  • アスペルガー症候群編
  • 注意欠陥多動性障害編
  • 学習障害編

どこから読んでも内容がわかりますので、興味のある部分だけ読んでもいいかもしれません。

アスペルガー症候群編

ここでは主に人との関わりについて描かれています。

著者自身の話はもちろんのこと、知人の編集長の話やオフ会で出会った知人の話などが紹介されています。

個人的には編集長の話が一番衝撃的でした・・・

注意欠陥多動性障害

ここでは主に日常的に引き起こすトラブルについて描かれています。

台所での事件や車の運転に関わっての問題など、ちょっと「あるある」とは思えない出来事が起こります。

車の話は正直ゾッとしました

学習障害編

ここでは主に仕事の苦労についての話が描かれています。

計算ができなくて困った話や漢字が書けなくて苦労している話など、現在も著者が抱えている課題がわかります。

看護師時代の話も描かれていて、この経験が他の作品に生きていると思うと感無量です。

「現実」を包み隠さずに

1人だけ補習って実際にあるんだ・・・

失敗談は都合よく描かれがちなものですが、本書は包み隠さずに描いてある印象を受けます。

というよりも、そんなことを気にする人はアスペルガー症候群と診断されないかもしれませんね。

発達障害を抱えている著者が赤裸々に語っていると言えるのではないでしょうか。

本書を読むだけで「なんとなく」発達障害について知ることができると思います。

年々、発達障害の診断を受ける人は増えています。

発達障害を抱える人と働くことになる人も多くなるはずです。

発達障害について全く知らない人は読むことをオススメします。

 

★「個性」として捉える

Kindle Unlimited会員になれば無料で読めちゃいます!

無料体験期間中に読みましょう!

こんなにためになる作品が無料で読めるなんていい時代になったものですね・・・

【書籍の情報】オススメ度など

【書籍名】毎日やらかしてます。

【著者】沖田×華

【出版社】ぶんか社

【オススメ度】★★★☆☆(評価基準はこちら

【発売した年】2012年

【ページ数】135ページ

沖田×華さん、ためになる漫画をありがとうございます!

【お知らせ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今日は何位でしょうか・・・?

応援クリックをお願いします