書評

【オススメ無料漫画】『北のダンナと西のヨメ』 横山了一 著 北海道あるある言いたい

【北海道と関西のあるあるを描いたエッセイ漫画】

著者・横山了一氏は北海道出身。そして、奥様は関西人。住んでいる人にとっては当たり前でもよそから見ると変なことってたくさんあるんです。全く違う場所に住んでいた夫婦だからこそ描けるエッセイ漫画!

こんな人にオススメ!
  • 北海道出身
  • 神戸出身
  • エッセイ漫画が好きな人

【書籍の紹介】北海道はでっかいどう

主な登場人物

では、ざっくりと本書の主な登場人物を紹介していきます。

僕たちはまだ北海道を知らない

著者である横山了一氏。

北海道の釧路市出身。

ちなみに釧路と札幌は別の都道府県と言ってもいいくらい何もかも違う

おにぎりせんべいって何?

横山氏の妻・マユミ氏

兵庫県神戸市出身。

神戸市といっても山の方で育ったらしい。

マユミ氏の母

関西ネタをたくさん提供してくれる。

ヒョウなのかトラなのかよくわからないシャツを持っている。

あらすじ

困ったらイオン

北海道出身の著者の視点で他地域とのギャップを描きます。

オムニバス形式で描かれているネタの数々に、北海道出身の人なら「あるある」と微笑んでしまうのでは

同じ日本という国内でも住む地域によって言葉も食べ物も文化も違うということを楽しく感じられる漫画です。

補足・解説・書評

おにぎりはあたためたほうがおいしいよね?

私も何を隠そう北海道出身。

本書の中で著者自身も語っていますが、同じ北海道とはいえ住んでいる地域によって別ものだと考える必要があるのは身をもって知っています。

ですから、本書を読んで「北海道の人ってこんな感じなんだ」とは思わないでくださいね。

例えば、釧路や根室などの海に近い地域に住んでいる人は海の幸を存分に味わえますが、富良野や旭川といった内陸に住んでいる人は滅多に海の幸を味わえません。

イクラをふりかけが如く使うなんてあり得ない・・・

回転ずしも内陸の店舗より根室や釧路の方が圧倒的に美味しいです。

道内でも住んでいる場所で文化が違ったりもします・・・

とは言え共通の「北海道あるある」があるのも事実。

手袋は「はく」ものです。

北海道出身の方はぜひご一読を!

 

★東京には住める気がしない

Kindle Unlimitedなら無料で読めちゃいます!

登録月は無料ですので、この機会にぜひ!

30日間無料で使ってみる

こんなにおもしろい作品が無料で読めるなんていい時代になったものですね・・・

【著者について】横山了一ってどんな人?

画像は「アントレSTYLEMAGAZINE」より

横山了一氏は北海道釧路市出身の漫画家です。

2002年、週刊ヤングマガジンにて『熱血番長鬼瓦椿』で連載デビュー。

ギャグマンガで連載デビューするも売れず、試行錯誤の末に現在のエッセイ漫画に落ち着いたのだとか。

今はSNSを中心に活動し、多くの連載や企業PRマンガなどを手掛けています。

【オススメ無料漫画】『出張!きょうの横山家』 横山了一 著 無料でこのボリュームって・・・ 【北のダンナがコロナの影響でやってみた】 『北のダンナと西のヨメ』で有名な横山了一が新型コロナウイルスの影響を受け、生まれ...

【書籍の情報】オススメ度など

【書籍名】北のダンナと西のヨメ

【著者】横山了一

【出版社】飛鳥新社

【オススメ度】★★★☆☆(評価基準はこちら

【発売した年】2016年

【ページ数】126ページ

横山了一さん、おもしろい漫画をありがとうございます!

【お知らせ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今日は何位でしょうか・・・?

応援クリックをお願いします