書評

もうダイエットに失敗しない!DaiGo『ウィルパワーダイエット』

この記事は約5分で読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事はこんな人にオススメ!

・ダイエットに興味がある人

・ダイエットがなかなか続かない人

・ダイエット中に自分の意志を守れない人

この記事を読めば、二度とダイエットをしなくて済むようになります。

伝えたいことは2つです。

・どんなダイエットでも痩せることはできるということ。

・ダイエットに失敗するのは気持ちの問題ではないこと

ヤマムカ
ヤマムカ
こんにちは!年間300冊以上読む男、継続することで自分をどこまで変えることができるのか挑戦中、ヤマムカです。

この記事では、ダイエットの仕方ついて本書から引用し、紹介・解説します。

紹介している本はこちら!

マガジンハウス DaiGo『ウィルパワーダイエット』(2016年)

 

この記事を読めば、ダイエットを続けるコツがわかりますよ!

理想のボディを手に入れるためにも、ブックマークをつけて何度も読み返してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメのダイエットは?

腹, 心, 愛, 女の子, リラクゼーション, リラックス, 残り, 良い感じ, 女性, 手, 花, 時間

科学的に痩せることが分かっているダイエットならばなんでもいい。

繰り返しお伝えしますが、「続けること」ができれば、どんなダイエットでも必ず効果があるのです。

13ページより引用

続けさえすればどんなダイエットでもいいんです

でも、その続けるのが難しいんですよね。

そこで、続けることが難しい、オススメしないダイエットも確認しておきましょう。

オススメしないダイエット

運動系ダイエット

運動して痩せるのは簡単です。

でも、続けるのが超難しい。

多くの行動は66日間続けることで習慣になるそうです。

しかし、慣れない運動を66日間も続けられるでしょうか?

ランニングにしてもウォーキングにしても効果はバツグンです。

でも、いきなり運動してダイエットをしようとするのはやめたほうが無難ですよ。

体重を計る系ダイエット

毎日体重を計ると痩せるって話を聞いたことありませんか?

普段から自分の体重を意識するようになって食べる物や運動を気を付けるようになるんですね。

毎日体重を計るのは良い習慣です。

でも、ダイエットしようとすると一気に辛くなってきます。

多くのダイエットは効果が出るのに時間がかかるからです。

最初はストンと体重が落ちるものですが、ある程度落ちると体が危機を感じて体重を落とすのを防ごうとしてくるんです。

そこからも毎日体重を計るとなると苦痛でしかありません。

「今日も減ってない・・・」「今日は昨日よりちょっと増えてる・・・」

そんなことを繰り返しているうちに「今日は食べ過ぎた気がするから計るのやめておこう」とか「ちょっと体重が増えているけど、明日調整したらいいよね」とかグダグダになっていくんです。

体重管理は大切です。

でも、それで痩せようとすると一気に辛くなります。

まずは、定期的に計る日を決めるくらいで十分です。

 

ダイエットを始めるときは、「自分がそれを続けることができるか」を基準に考えましょう。

例えば「朝ご飯を食べる前に白湯を飲む」とか「一口食べるごとにお箸を置く」とか、これくらいなら簡単に続けられそうですよね。

世の中にはダイエット法がくさるほどあります。

その中から自分に合った、できるだけ続けられるものをチョイスしましょう。

ダイエット方法は「自分が続けられそうか」を基準に選ぼう。

ダイエットを続けるコツは?

飢餓, 飢えた, 食べること, クッキー, ビスケット, クラッカー, 人, スナック, 男, 男性, 実業家

ダイエットはいくつかのコツを知っておくとかなり楽になる。

ここでは、どんなダイエット方法にも有効なちょっとしたコツを2つ紹介します。

食べ物を遠ざける

「食べたい」という欲求が生まれるのは、必ずしも空腹のときではありません。目の前に食べ物があるとき、「食べたい」と思うのです。

56ページより引用

まずは、自分の身の回りにある不要な食べ物を処分しましょう。

つい口にしているアメやガム。

冷蔵庫の中のジュース類。

食べる時も飲むときも、「めちゃくちゃ食べたい!」と思っていないはずです。

でも、“塵も積もれば山となる”と言います。

一つあたりは数カロリーでも、毎日何個も食べていれば結構な量です。

「これだけは譲れない!」という食べ物以外は身の回りから遠ざけましょう。

それだけでダイエットの効果を得られるようになりますよ。

食べたい度をレベルに表す

食べたいものが目の前にあったら「食べたいと思った自分」を観察し、その欲求を数値化するのです。

121ページより引用

自分を客観視することが大切です。

ダイエット中であっても「どうしても食べたい!」という物は食べでもいいんです。

問題なのは「なんとなく食べているもの」

そこで、「食べたい!」と思った時、それをどれくらい食べたいのかをレベルで表しましょう。

最大が10だとして、自分がどれくらい食べたいのかを考えるんです。

MAXの10なら食べてもいいかもしれません。でも、4とか6くらいならちょっと待ってみましょう。

10分待ってまたどれくらい食べたいかをレベルで表すんです。

もし上がって10なら食べましょう。

大体10分も経つとどうでもよくなってますけどね(笑)

①食べ物と距離を取る②どれくらい食べたいかを数値で表してみる

まとめ

マガジンハウス DaiGo『ウィルパワーダイエット』(2016年)

いかがでしたか?

今回この記事で紹介した内容を振り返りましょう。

要点まとめ

・ダイエット方法は「自分が続けられそうか」を基準に選ぼう。

・①食べ物と距離を取る②どれくらい食べたいかを数値で表してみる

ダイエットが失敗する理由を心理学的に解説する内容となっています。

ダイエットにおいて必要なのは強い意志ではなく、知識とテクニックだということを教えてくれる本です

本書では、上記の内容以外にも

・ダイエットと「禁止」の変換

・ダイエットと掃除

・ダイエットと小さな習慣

・ダイエットとメタ認知

・ダイエットとマインドフルネス瞑想

などなど、ダイエットに関する情報が満載です。

ダイエットに興味がある人、ダイエットがなかなか続かない人、ダイエット中に自分の意志を守れない人にオススメの1冊です!

気になったら、ぜひ本書を購入して読んでみてくださいね。

ほんのびくん
ほんのびくん
最後まで読んでいただきありがとうございました!

感想や質問などがありましたらツイッターでお問い合わせいただけるとすぐにお答えできます。

これからも応援お願いします!

ツイッターをフォローしてくれるとうれしいです!

フォローよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ