書評

【1分書評】あなたのやる気に火を点ける1冊!『たった一人の熱狂』見城徹

この記事は約1分で読めます。

すべての新しい達成には初めに熱狂が、それも人知れない孤独な熱狂が必ずある。「癒着に染まれ」「野心なんか豚に食われろ」「一撃必殺のキラーカードをつかめ」「人たらしになるな。『人さらい』になれ」「結果が出ない努力に意味はない」など、出版界の革命児・見城徹による、仕事に熱狂し圧倒的結果を出すための55の言葉を収録。文庫完全版!

【書評】『たった一人の熱狂』 見城徹

努力とは

「努力」とはなんだろうか。

私は今まで努力してきたつもりだ。いや、つもりだった。見城徹氏の著書『たった一人の熱狂』を読むまでは。

この本を読んで思った。私が今までしてきたことは「努力」であり、「圧倒的努力」ではないのだ。

圧倒的努力

見城氏は言う。圧倒的努力とは“人が寝ているときに寝ないで働く。人が休んでいるときに休まずに動く。どこから手をつけたらいいのか解らない膨大なものに、手をつけてやり切る”ことだと。

私が今までやってきたことは、時間を見つけて人よりほんの少し努力していただけだ。それで大きな失敗をしてきたこともなかったものだから、十分な努力だと思っていた。甘かった。

今より大きく成長したいのであれば、今現在自分より能力が高い人たちに追いつきたいのであれば、必要なのは努力ではない。圧倒的努力なのだ。

2人の圧倒的努力家

この本の最後に明かされるが、この本は箕輪厚介氏がまだ名が売れていないころに企画し、圧倒的努力で出版までこじつけた本だ。

言わば2人の圧倒的努力家によって作られた本だと言っても過言ではない。

あなたがくじけそうな時、私がくじけそうな時、この本はもう一度立ち上がらせる勇気と気力を与えてくれるだろう。

 

 

【要約】ポイントとなる3つの文章

 

圧倒的努力とは何か。人が寝ているときに寝ないで働く。人が休んでいるときに休まずに動く。どこから手をつけたらいいのか解らない膨大なものに、手をつけてやり切る。

 

自分に何ができるのか。天職とは何なのか。今いる場所で悩み抜き、圧倒的努力をして欲しい。

 

勝利の記憶は、必ず人を敗因に導く。「負けるが勝ち」と達観し、自ら負けを作り、受け入れることができなければ、長く第一線に立ち続けることは難しい。

 

【実践ポイント】

 

誰かに勝ちたいなら相手が寝ている時、休んでいる時に動こう!

 

【読んだ気になれる一言】

 

成功した人たちのことを「運がいい」って言う人がいるけど、実際は圧倒的努力をしているだけなんだよね。

 

【書籍の情報】

【書籍名】たった一人の熱狂

【著者】見城徹

【出版社】幻冬舎

オススメ度】★★★★☆

【ページ数】322ページ

【目次】

第1章 仕事に熱狂する

第2章 圧倒的結果を出す

第3章 起業は甘くない

第4章 切なさを抱えて生きる

第5章 トップを走り続ける男たち

第6章 淋しくなければ恋愛じゃない

第7章 人生を豊かにする遊び・買い物・食事

 

 

見城徹さん、ステキな1冊をありがとうございます!

【お知らせ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

今日は何位でしょうか・・・?応援クリックをお願いします!

 

よろしければ「はてブ」をつけて何度も読み返してください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加