書評

【書評】新社会人必読!社会人に必要な力がわかる1冊!

社会人に必要な9つの力

これから社会人になるあなたも、新社会人を育てる立場にあるあなたも、「社会人に必要な力は何か?」と聞かれて答えることができますか?

ちょっとでも「ん?」ってなった人、お待ちください。

ぜひ、こちらの本を読んでください。

その本とは『社会人に必要な9つの力』です。

齋藤孝さんが書いたこの本、齋藤さんが伝えたいことがギュッと濃縮されています

つまらなくても笑え

さて、問題です。デデン!

社会人にとって一番大切なことはなんでしょうか?

チッチッチッチッチッブー!

正解はこちら!

社会人の第一条件は、人の話を面白そうに聞くこと。

p.15

へぇ~そこなんだって感じしませんか?

齋藤さんは社会人には吸収力が大事だと語っています。その中でも人から何かを吸収することが特に大切なのだとか。

たしかに職場の先輩やお客様から得られる情報って大切ですよね。

つまんなそうに話しを聞いている人には「もう教えない!」ってなりますし。

面白そうに聞くといってもずっとニコニコしていろってわけじゃありません。

ポイントはタイミングよく、うなずくことです。

誰だって自分の話を聞いてもらいたいんです。

うなずいて、ちゃんと話を聞いていることが相手に伝われば、それだけであなたは好かれる人になりますよ。

目標と向き合う

社会人になれば、どんな立場であれ、それぞれの「目標」があります。

売り上げ目標やノルマ、販売数といった目標から、結婚や家を建てること、年収アップといった目標まで様々です。

社会人には卒業がありませんから、その目標を達成することが自分の中でのゴールとも言えるでしょう。

さぁ、その目標を達成するために大事な一歩があるんです。

それが、目標を紙に書いて貼ること

目標を紙に書いて貼る。それも実現不可能な目標ではなく、可能な範囲の目標を書くのです。

P.95

ちょっと待って。これ、どっかでも聞いたことある。

そうだ。『非常識な成功法則』でも同じようなことを言ってた。

【書評】あなたの常識は非常識?とっておきの成功法則を教えてくれる1冊!非常識な成功法則 誰だって失敗するよりは成功したい。 そのせいか世の中には「成功法則」をうたった本が溢れています。 それに...

紙に書くことで目標を意識するようになるんです。

意識が変われば行動が変わります。

行動が変われば現実が変わるんです。

紙に書くなんて誰でもすぐできます。

さっそくあなたの目標を書いてみましょう。

「報連相」はもう古い!?これからの時代は「天守閣」だ!

「報連相」は誰でも聞いたことあるはず。

報告・連絡・相談。

仕事ではこの3つを大切にってやつです。

齋藤さん曰く、この3つももちろん大切だけど、ちょっと内容が似すぎているとのこと。

うーん、言われてみれば確かにそうかも。

そこで新しく提案されたのが「天守閣」です!

まずは「天」から。

これは「テンション」の「テン」です。

いきなり横文字!

テンションが高いというのは、やたら舞い上がればいいというわけではありません。適度な緊張感と張りを持ってやる。心身共に張りがある人、と考えればいいでしょう。

P.167

「うぇーい!」とやってればいいってわけじゃないんですね。そりゃそうだ。

適度な緊張感って長いこと働いていると忘れてしまいがちです。

最初のころのドキドキとワクワクを保ち続けることが大切なんですね。

次、「守」です。

「守」は「修正」です。

いや、それ「しゅう」じゃん。

ミスを認め、どう修正したのかをセットで報告すること。システムを変える、やり方を修正するなど、具体的な修正案を出していくのが、修正力の大事なポイントです。

P.171

孔子さんも「過ちて改めざるそれを過ちと言う」と言っています。

ミスした後、ちゃんと修正することが大切なんですね。

最後「閣」です。

「天」も「守」も良い意味で期待を裏切られました。

さぁ「閣」は・・・?

「閣」はなんと「確認」

ここは普通。

社会人になると、とりわけ確認は大事です。なぜなら、「たぶん大丈夫だろう」と持って進めてしまったことが、上司の意見と違っているケースがあるからです。

P.174

あるあるですよね。

「言ってたじゃないですか!」「いや、言ってない!」みたいなやりとり。

なんならメールやラインのやり取りは保存しておいたほうが良いとまで言ってます。

最後は「確認」。これを忘れずに。

名言ピックアップ!

人間にとって一番重要なのは価値判断です。自分が何を考え、行動していくか、ということです。

教授 齋藤 孝

社会人として大切なことは色々ありましたが、人間として大切なことはシンプル。

自分で決めて、行動することなんですね。

何も考えず、人に流されるだけではいけません。

でも、自分で考えるためには色々な知識が必要です。

考えるための基盤となる情報が詰まっている1冊となっています。ぜひ読んでみてください!


書評・レビューランキング

ツイッターのフォローもよろしくお願いします!