書評

【書評】これで安心!自分に打ち勝つ方法がわかる1冊!

スタンフォードの自分を変える教室

ダイエットを本当に成功させた人ってどれくらいいるんですかね?

きっとほとんどいないと思うんですよ。

だって毎年何かしらのダイエットが流行るじゃないですか。

みんながダイエット成功しているならそんなに何度もダイエットブームがくるわけない。

ダイエットは自分との戦い。

つまり、自分に勝てない人がたくさんいるってことですよね。

ちなみに私はダイエットに13回成功しています。

さて、そんな私たちに必要な本がこちら。

『スタンフォードの自分を変える教室』です。

タイトルがすごそう。

スタンフォードって横文字が入ってるだけでなんかすごそう。

スタンフォード大学のケリー・マクゴニガル教授が大学の講座で話した内容を本にしたものなんですよ。

「やる力」と「やらない力」

「自分に打ち勝つ」とは、やらなければならない何かををちゃんと「やる」ことができた場合と、やってはいけない何かを「やらない」で我慢できた場合を表します。

じゃあ、それらの力を鍛えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

というか、鍛えることができるものなんですかね。

神経科学者の発見によれば、瞑想を行うようになると、脳が瞑想に慣れるだけでなく、注意力、集中力、ストレス管理、運動の抑制、自己認識といった自己コントロールのさまざまなスキルが向上します。

P.54

瞑想です

瞑想なんです。

瞑想万能説。

1日たったの5分間、瞑想をするだけで「やる力」と「やらない力」を鍛えられるんです。

なんてこった。

ちなみに瞑想の仕方についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

なんだか疲れが取れない・・・そんなあなたに「瞑想のススメ」 この記事は約5分で読めます。    体の疲れと脳の疲れ あなたが「疲れた~」って思った時の疲れって...

ナッツだ。ナッツを食べるんだ。

「自分に打ち勝つ」ためには脳が正しい判断をできなきゃ困ります。

脳が働くために必要なものは?

そう!糖分です!

でも、ちょっと待ってください。

だからといってバクバクおかしを食べていいわけじゃないんです。

あ、太るからじゃないですよ。

ストレスの多い時期にはお手軽な加工食品、とりわけ脂肪分と糖分が高くてハッピーな気分になれる食べ物に手を出しがちです。

しかし、そんなことをしているうちに、やがて自己コントロールがまったくきかなくなります。血糖値が急に上がったり下がったりすると、体と脳が糖分をきちんと消費できなくなります。

P.117

こわい!

じゃあ、どうしろっていうんだ・・・

安心してください。

食べてもいいおやつがあるんですよ。

多くの心理学者や栄養士は推奨しているのは「低血糖食」、すなわち、血糖値を一定に保つための食事です。

P.118

「低血糖食」?なにそれ?って話ですよね。

そこで出てくるのが「ナッツ」ですよ!

ナッツは脂肪分も少ないですし、糖分も少ない。

血糖値をゆるやかに上げてくれるのでおやつにはぴったりです。

コンビニでも買えますしね。

今日からおやつはナッツにしましょう!

ここから先は読まないでください

「シロクマ実験」ってご存知ですか?

ある大学の教授が学生を集めて、「今から5分間、シロクマのことを考えないでください」って言ったんです。

なんじゃそりゃ。

で、どうなったと思いますか?

参加者は「シロクマ」のことばかりを考えてしまったんです。

考えてはいけないと思えば思うほど。

この実験の結果を知った別の教授はさらに考えました。

何かを考えないようにすると、よけいにそのことを考えてしまうだけでなく、考えてはいけないと思っている、まさにそのことを「やってしまう」のだ

P.336

もし、あなたが今、「やってはいけないこと」を自分で決めているのであれば、それはすぐにやめたほうがいいです。

時間の問題で「やってしまう」ことになります。

じゃあ、どうしたらいいの!?って声が聞こえてきそうです。

大丈夫です。

解決策があります。

それは「禁止」を「実行」に変えること。

例えば、「夜8時以降は何も食べてはいけない」というルールではなく「夜8時以降は水を飲むようにする」にすればいいんです。

「どうするといいのか」を知っていれば正しい行動を取れるんですよ。

名言ピックアップ!

私たちは先のことを楽観視してしまうせいで、やるべきことがあってもあとでやろうと思うだけでなく、あとになればかんたんにできると思いがちです。

ケリー・マクゴニガル

この本を読めば、自分が色々なことを我慢できなかったり、行動に移せなかったり、続けられなかったりした理由がはっきりわかります

そして、これからどうしたらいいのかも。

自分を変えたい!という方はぜひ読んでみてください!


書評・レビューランキング

ツイッターのフォローもよろしくお願いします!