書評

【週間】書評記事アクセスランキング(2020-3-9~2020-3-15)

 

こんにちは!継続の達人ヤマムカ(@Yamamuka_13)です。

この記事では、「書評記事のアクセスランキング」をお届けします。

 

2位、3位にはツイッターでご本人から反応をいただけた2冊が入りました。

著者の力はすごいですね。

 

それでは、今週のランキングをどうぞ!

今週のアクセストップ10

 

第1位:『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』 平松 類

第2位:『頭がいい人の読書術』 尾藤 克之

第3位:『人生の勝算』 前田 裕二

第4位:『1兆ドルコーチ』 エリック・シュミット

第5位:『凡人道』 ひろゆき

第6位:『仕事は楽しいかね?』 デイル・ドーテン

第7位:『超バカの壁』 養老 孟司

第8位:『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』 美月 あきこ

第9位:『ケーキの切れない非行少年たち』 宮口 幸治

第10位:『シンプルな方法で学校は変わる』 吉田 新一郎 岩瀬 直樹

 

トップ10の紹介

第1位:『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』 平松 類

日本で初めて、一般の人たち向けに「ガボールパッチ」を紹介し、テレビやラジオに連日出演する人気の眼科医・平松類医師による視力回復法を、本書では余すところなく紹介します。

【実践】本当に視力が回復するの?「ガボール・アイ」を28日間挑戦してみた この記事は約1分で読めます。 『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』 平松 類 ...

 

第2位:『頭がいい人の読書術』 尾藤 克之

超人気コラムニストが「本・新聞・ネット記事の賢い読み方」を教えます!「1冊を10分で読むスキル」「読んだら忘れない読み方」など、誰でもできる読書スキルが満載!100年時代を楽しみ、有意義に過ごすために、本書を通じて、読書生活を始めましょう。

【1分書評】本は汚しながら読んだほうがいい!?『頭がいい人の読書術』を読んで考えよう この記事は約1分で読めます。 『頭がいい人の読書術』 尾藤 克之 本は汚しながら読め あなたは本をどのように読んでいま...

 

第3位:『人生の勝算』 前田 裕二

お金を稼ぐために始めた路上ライブで、少年は人生とビジネスの本質を知ったー。人は絆にお金を払うと気づいた少年期から、ニューヨークで奮闘した外資系銀行員時代、仮想ライブ空間「SHOWROOM」立ち上げ前夜、SNSのもたらす未来、己の人生のコンパスまでー。大注目の若き起業家が全力で綴った、魂が震え、涙が溢れるビジネス書。

【1分書評】今だから読みたい!前田裕二氏の『人生の勝算』 この記事は約1分で読めます。 人生の勝算 posted with ヨメレバ 前田裕...

 

第4位:『1兆ドルコーチ』 エリック・シュミット

アメフトのコーチ出身でありながら、優秀なプロ経営者。ジョブズの師であると同時に、グーグル創業者たちをゼロから育て上げたコーチ。アマゾンのベゾスを救い、ツイッター、ユーチューブCEOらを鍛え、たった1人で、シリコンバレー中の企業に空前の成功をもたらした伝説のリーダー、ビル・キャンベル。これまで謎に包まれてきたその驚くべき教えのすべてがいま、初めて明らかにー。

【1分書評】『1兆ドルコーチ』 エリック・シュミット この記事は約1分で読めます。 ビル・キャンベルについて知りたいあなたにオススメです。 今回、私が読んだ本...

 

第5位:『凡人道』 ひろゆき

巨大掲示板「2ちゃんねる」創設者にして元管理人のひろゆき。インフルエンサーの言うことを実践しても生きづらさは変わらないーーそう感じる人に向けて、ならばどうすればいいか、どうすれば人生に行き詰まりを感じず「ちゃんと生きる」ことができるか、というコツを本書で紹介していきます。

凡人道
【書評】これからの日本を生き抜くために!非凡人が凡人に捧げる1冊!『凡人道』 この記事は約5分で読めます。    今回紹介する本は、ひろゆきこと西村博之さんの『凡人道』という本です。 ...

 

第6位:『仕事は楽しいかね?』 デイル・ドーテン

大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の“私”。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始した。

【1分書評】行動あるのみ!『仕事は楽しいかね?』を読めば新しい価値観が手に入る この記事は約1分で読めます。 仕事は楽しいかね? posted with ヨメレバ デイル・ド...

 

第7位:『超バカの壁』 養老 孟司

「今の日本社会には、明らかに問題がある。どんな問題があるか。私はものの考え方、見方だと思っている。そこがなんだか、変なのである」現代人の抱える様々な問題の根本が見えてくる。「バカの壁」を超える方法、考え方は自分の頭で生み出す。そのためのヒントが詰まった養老孟司の新潮新書第三弾。

【書評】社会の壁に立ち向かえ!養老 孟司『超バカの壁』 この記事は約3分で読めます。    紹介する本はこちら! 新潮新書 養老 孟司『超バカの壁』(2006年)...

 

第8位:『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』 美月 あきこ

CAだけが知っている、成功者の共通点とは?3%のビジネスエリートが実践している、VIPの習慣術。

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣
【書評】真似をすればあなたも乗れる!『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』 この記事は約2分で読めます。 ファーストクラスに乗ることが是か非か。 このことについては色々な意見があると思...

 

第9位:『ケーキの切れない非行少年たち』 宮口 幸治

児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

【書評】何が問題?宮口 幸治『ケーキの切れない非行少年たち』 この記事は約3分で読めます。    紹介する本はこちら! 新潮新書 宮口 幸治『ケーキの切れない非行少年た...

 

第10位:『シンプルな方法で学校は変わる』 吉田 新一郎 岩瀬 直樹

教師が変われば、生徒が変わる、保護者が変わる、学校が変わる。忙しすぎる教師でもできる、具体的でシンプルな改革の方法とヒント。著者が長年にわたり実践し成果をあげてきたシンプルな方法と変化を引き起こすための理論や海外での事例を豊富に紹介。理論編も充実。

【1分書評】学校は変わるべき!?『シンプルな方法で学校は変わる』から考えること この記事は約1分で読めます。 シンプルな方法で学校は変わる 自分たちに合ったやり方を見つけて学校に変化...

 

お知らせ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

今日は何位でしょうか・・・?応援クリックをお願いします!

 

よろしければ「はてブ」をつけて何度も読み返してください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加