書評

【書評】ちょっと心がお疲れの人におすすめの1冊!

もう、がまんしない

おすすめ度

 

性格リフォーム心理カウンセラーの心屋仁之助さんが書いた「もう、がまんしない」。生きていく上でラクに生きるための心構えについて書いてあります。

個人的には内容には「う~ん」といった感じ。いろいろとわかりやすく書いてくれてはいるものの結局は気持ちの問題だよね、捉え方次第だよねってことが延々書いてあります。こういった「物事の捉え方」についての本を全く読んだことのない人が入り口として読むにはいいかもしれません。

「今のままの自分でいいんだ」というところからスタートしようと語っているのも印象的です。頑張ろうとするから頑張れない自分が嫌いになる。じゃあ頑張らなければいいじゃんって話なんですよ。この話は辛くて辛くてもう無理って人には響くかもしれません。でも、もっと「頑張りたい」って人には響かないと思うんです。「頑張ること」って「自分が嫌い」がスタートとは限りませんし。

色々なことにちょっと疲れてるな~って人は読むと心が穏やかになるかも。書かれている視点は様々な本で見られるものですが、言葉遣いは独特なものがあります。ハマる人はハマるでしょう。「誰も私のことをわかってくれない!」って嘆いている人にオススメです。