書評

【書評・要約】これで健康が手に入る!『「空腹」こそ最強のクスリ』

「空腹」こそ最強のクスリ

この記事は約3分で読めます。

『「空腹」こそ最強のクスリ』

ダイエット。ここ数十年で話題に尽きなかったことはないテーマです。

テレビで「○○を食べるだけでやせる!」という情報が流れれば、スーパーからその商品がなくなり、インターネットでは今も「このサプリを飲むだけでやせる!」という広告が流れます。

それだけダイエットに対して興味を持っている人が多いのでしょう。もちろん、私もその一人です。

今回紹介する本はダイエット本ではありません。しかし、実践すればやせること間違いなしです。そして、健康になれることでしょう。

健康は無形財産です。失ってからでは遅い。この本を読んで、あなたのかけがえのない財産を守れるようになりましょう

「空腹の時間」を作ろう

食べすぎによる害から体を守り、健康や若さを維持する、シンプルな方法。

それは、「ものを食べない時間(空腹の時間)を作ること」です。

77ページより引用

この本のテーマは「空腹の時間」を作る、というものです。空腹の時間を作ることで体を健康にすることができるのだとか。

では、どれくらい「空腹の時間」を作ればよいのでしょうか。

これには2パターンあります。

1つは10時間以上です。これは10時間経つと体内の脂肪の分解が始まるためです。

もう1つは16時間以上です。16時間以上「空腹の時間」を作るとオートファジーという機能が働きだします。これは古くなった細胞を新しくする仕組みです。

「空腹の時間」を作ることで、体内の無駄な貯蓄を減らし、体内の環境を整えることができるんですね。

困ったらナッツ

食べたくなったら我慢せず、ナッツ類などで空腹を満たす。

110ページより引用

とは言っても、いきなり10時間も16時間も「空腹の時間」を作ることに耐えられる気がしませんよね。

そこでとっておきのアイテムがあります。

それはナッツ類とヨーグルト。これらは多少食べても問題ないそうです。

特にナッツ類は低糖質ですし、良質な脂肪を得られるのでオススメだとか。

ただし、最終的には何も食べなくて済むようにすることがゴールです。食べすぎには要注意ですよ。

欠点を補う

減少した筋肉は、簡単な筋トレで補うこと

132ページより引用

さて、この「空腹の時間」を作る健康法。1点だけ気をつけなくてはならないことがあります。それは、筋トレも並行して行うことです。

「空腹の時間」を内蔵脂肪が分解されるのと同時に筋肉も落ちてしまいます

ただ食べないで生活していると筋肉が落ちてしまって、痩せにくい体になってしまうんです。これでは、かえって健康に害をもたらすことになってしまいます。

筋トレは不可欠なんです。

ただし、筋トレと言ってもジムに通ったり、何時間もやったりする必要はありません。自分がぎりぎりできるくらいの回数を腹筋や腕立、スクワットするだけでいいんです。

「空腹の時間」を作らないのだとしても、老後も自分の足で歩くためには筋トレは大切になってきます。この機会に筋トレも始めましょう。

ここがポイント!

できれば毎日続けていただくのが理想的ですが、週1回、週末だけ実行していただくだけでも、リセット効果は得られるはずです。

24ページより引用

「空腹の時間」をいきなり16時間も作ろうとすると生活に支障が出るかもしれません。

でも、週に1回だけと考えてみたらどうでしょうか。それで健康が手に入ると考えれば頑張れそうですよね。

まずは1日だけでも挑戦してみましょう。それが健康への第一歩です。

一緒に読むと効果が倍増する本

効果倍増
もうダイエットに失敗しない!DaiGo『ウィルパワーダイエット』 この記事は約5分で読めます。    この記事を読めば、二度とダイエットをしなくて済むようになります。 ...

こちらはダイエットに焦点を当てた本です。

やはり間食にはナッツが適していると紹介されています。

『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル

【書評】これで安心!自分に打ち勝つ方法がわかる1冊!スタンフォードの自分を変える教室 ダイエットを本当に成功させた人ってどれくらいいるんですかね? きっとほとんどいないと思うんです...

新しいことを始めるには、強い意思が必要です。

その意思をコントロールする方法として、ナッツを食べることが紹介されていますよ。

ナッツすごすぎ。

『GRIT やり抜く力』 アンジェラ・ダックワース

【1分書評】 『GRIT やり抜く力』 アンジェラ・ダックワース この記事は約1分で読めます。    「自分には才能がない・・・」と嘆いているあなたにオススメです。 ...

せっかく始めた良い習慣も続けなければ意味がありません。

続ける力をつけたいという方にオススメです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

 このエントリーをはてなブックマークに追加