書評

とにかく企画を出したい!そんなあなたにオススメの1冊!

はじめに

「う~ん・・・新しい企画が全然思いつかない・・・!」

そんな時にオススメの本がありますよ。

今回紹介しますのは『考具』という本です。ちなみに「こうぐ」と読みます。工具とかけたシャレですかね。

この本はツイッターでフォロワーさんがオススメしていた本なんです。2003年に出版された本ですが、今でも十分に通用する内容となっています。

本の題名の通り、読んだ人に「考える道具」を授けてくれる本となっています。

著者は博報堂に勤務している加藤昌治さんです。アイデアマンとして有名な方なのだとか。

それではざっくりと本書の内容についても話していきましょう。

アイデアはどうやって生まれるのか

アイデアってどこから生まれると思いますか?

加藤さん曰く「目の前にある課題をどうしたいのか」という自分の思いからアイデアは生まれるとのこと。なるほど。

まずは自分が抱えている課題に気付くことが第一歩なわけですね。

さらに加藤さんはアイデアはとは組み合わせから生まれるものだとも述べています。既存の素材を組み合わせることでアイデアを生み出すということですね。

新しいアイデアと言われると、全く新しいものを生み出さなければならないような気がしてしまいますけどそうじゃないんです。

世の中にあるほとんどの新しいアイデアは前からあったものを今まではなかった組み合わせにしただけ

この「アイデアは素材の組み合わせによって生まれる」ってところがポイントになります。

アイデアを生み出すためには、まず「素材」を集め、それらの「組み合わせ」を考えればいいってことです。

『考具』はアイデアはゼロから生まれるものではないということを教えてくれる。

考具

それでは具体的に「考具」について紹介していきましょう。

本書に出ている考具は大きく2種類に分けられます。

「情報を集める考具」「アイデアを広げる考具」です。

情報を集める考具は6種類ありましたが、ここでは特におもしろいと思った1つを紹介します。

紹介する考具は「カラーバス」というもの。実は結構色々な本で言われているこの方法。引き寄せの法則とかでも使われています。

この「カラーバス」は、すぐにできるのであなたもちょっとやってみましょう。では、目を閉じてください。質問です。部屋の中に赤い物は何個ありますか?目を開けちゃダメですよ!何個か決めましたか?はい、それじゃあ確かめてみましょう。・・・大体予想よりたくさんの物があるはずです。

普段から目にしているのに気付いていないものがありますよね。これは人は意識していない物を見ても情報として処理しようとしないからなんです。そこで、意識することで普段は気にしていなかったものに注目しようとするのが「カラーバス」です。

「今日は赤い物を探す!」とか決めて一日過ごしてみるんです。すると今までは気付かなかったけど赤い物がきっとあるはず。そこから何かアイデアが生まれるかもしれません。

「カラーバス」とは言っているものの「色」じゃなくてもOK。「形」とか「におい」とかそういったものでもできます。

かんたんにできるものなので、ちょっとした息抜きにやってもいいですね。

アイデアを広げる考具は8種類紹介されています。これもその中から1つだけ紹介しますね。

紹介するのは「マンダラート」というもので。実はこれ、大谷翔平選手も活用していて、道徳の教科書にも出ているものなんです。

やり方はかんたん。まずは3×3のマスを用意します。そして、その真ん中に考えたいアイデアのテーマを書きます。例えば、「学芸会の発表内容」とか。

そして、その周りをそれに関わる素材で埋めていきます。「劇」とか「感動」とか「歌」とか何でもOKです。

最後にその周りの素材に関するものをさらに8つ考えます。「劇」について考えていくんですね。「泣いた赤鬼」「劇団四季」「ミュージカル」とか。

これをやるとかなり深いところまで考えさせられることになるので新しい企画も思いつきやすくなると思いますよ。

イメージがつかない人はマンダラートで検索してみてください。

「考具」を14種類も教えてくれる。

アイデアを企画に!

考具を使って素材を集め、アイデアを生み出したらいよいよ企画に移します

アイデアを思い付いただけでは意味がありませんからね。

加藤さんは企画書は5W1Hを基本に1枚でまとめられるようにするべし!と語っています。

もちろん最終的には大量の資料になってもよいとのことですが、1枚で伝わるようにしなければならないとのこと。上司もたくさんの資料に目を通している時間はないかもしれませんし。

「できるだけわかりやすく簡潔に」が大切です。

あと企画にタイトルをつけることも重要だそうです。キャッチーなイメージがあると違いますからね。キャッチコピーとまではいかなくてもいいそうですけど。タイトルがあると自分も企画のイメージがしやすくなって説明もしやすくなりますよね。

最後は「絵」としてその企画をイメージします。もちろん絵で描くことができればいいんでしょうけど、なかなか難しい。そんあ場合は頭の中でイメージするだけでもいいんです。絵をイメージすると企画が立体的なものになってきます。そうすると今まで見えていなかったものが見える場合もあるんですよ。

『考具』はアイデアから企画への昇華の方法も教えてくれる。

この本を3行でまとめると

『考具』を3行でまとめると

アイデアを生み出すのには素材が必要。

アイデアは組み合わせで生まれる。

素材は「考具」を使えば簡単に集めることができる。

ちなみに本書でもメモを取ることの大切さが語られていました。やっぱり何でもアウトプットしておくことは大切なようですね。

『考具』を読めば、アイデアマンとそうでない人の違いは日常のちょっとした意識の違いなんだということがわかるはずです。

私もちょっとした時に「カラーバス」に挑戦してみようかなと思います。

アイデアマンになりたい!企画力が欲しい!という方はぜひご一読ください。

ツイッターのフォローもお願いします!
ツイッターでは,旬な話題についてつぶやいています。


書評・レビューランキング