書評

【1分書評】あなたにとって大切なものが見つかる!?『これから、どう生きるのか』本田健

この記事は約1分で読めます。

 

自分がいま、何を選び、何をするかで、将来の不安は消える!人生では少なくとも3度不運に見舞われる、人間関係は相手との力学で変わっていく、あなたにお金を持ってきてくれる人奪っていく人、効率を目指すとつまらない人生になる、あなたが才能を使って活動するのを待っている人が必ずいる…社会が大きな転換点を迎え、生き方に迷う人が増えているいま、「自己実現」のための指針を説き、「充実人生」を手に入れる方法を示す。これが幸せに生きる秘訣!

【書評】『これから、どう生きるのか』 本田健

人生で大切なものは?

人生で最も大切なものは何か。そう聞かれたら私は迷わず「時間だ」と答える。

時間とはつまり命だ。私たちがもつ時間とは命の残り時間のことなのである。家族も友達もお金も、全て命があるから意味があるのだ。

これから、どう生きるのか』には著者の本田健氏が考える「人生に大切な9つのこと」が書かれている。この本を読んで、私は改めて「時間」の大切さを知ることになった。

働くこと

私たちは人生の中で最も多くの時間を「働くこと」に使う。

その「働くこと」について本田氏は“仕事とはつまるところ、「あなたが持っている何かを社会に差し出す」ことです。”と述べている。

では、私たちは人生の多くの時間、社会に何を差し出しているのだろうか。

時給とは

世の中ではどうやら「仕事に行きたくない」と思っている人が多いようだ。残念なことに、これらの人たちは「自分の時間」を社会に差し出しているにすぎない。「自分の時間」を差し出し、苦役に耐えることで社会に貢献しているのだ。

一方でインフルエンサーと呼ばれる人たちの多くは違う。彼らは仕事がしたくて仕方がないのだ。つまり、彼らは「自分の楽しみ」を社会に差し出し、それによって多くの人を楽しませることで社会に貢献しているのだ。

どちらが正しいということではない。しかし、「時給」というのが自分の1時間あたりの命の価値だということは知っておいたほうが良いだろう。

あなたにとって大切なものは?

人生で最も大切なのは命だ。では、2番目、3番目はどうだろうか。これは人によって異なるに違いない。

家族と答える人もお金と答える人も何か自分の大切なモノだと答える人もいるだろう。

あなたにとって大切なものは何だろうか。この本を読むことが大切な何かを見つけるきっかけになるのではないだろうか。

 

【要約】ポイントとなる3つの文章

 

自分の才能を見つけること、そして、それを生かすことを人生の最重要課題として考えてみてください。きっとそこから、信じられないような面白い人生が始まります。

 

仕事とはつまるところ、「あなたが持っている何かを社会に差し出す」ことです。

 

時間は効率よく使うのではなく、あなたが心から楽しいこと、ワクワクすることに使ってください。

 

【実践ポイント】

 

1日に3分だけでも幸せを感じられる時間をつくろう。

 

【読んだ気になれる一言】

 

命は時間、時間は命だよ。

 

【書籍の情報】

【書籍名】これから、どう生きるのか

【著者】本田健

【出版社】大和書房

オススメ度】★★☆☆☆

【ページ数】253ページ

【目次】

1 人間関係ー幸せと不幸の源

2 お金ー自由と不自由をもたらす

3 仕事ー人を喜ばせる楽しい魔法の杖

4 家族ー縁を切っても、感情的なつながりは切れない

5 パートナーシップー天国と地獄への扉

6 時間ー貯められない資産をどう使うか

7 健康ー失うまではわからない大切なもの

8 運と運命ー自由意思で変えられるのか

9 生きる目的ーあなたはなぜ生まれたのか

 

 

本田健さん、ステキな1冊をありがとうございます!

【お知らせ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

今日は何位でしょうか・・・?応援クリックをお願いします!

 

よろしければ「はてブ」をつけて何度も読み返してください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加