書評

【1分書評】これぞ「お金」の教科書!『金持ち父さん 貧乏父さん』

金持ち父さん貧乏父さん

この記事は約1分で読めます。

『金持ち父さん 貧乏父さん』

なぜ、大学生の時にこの本を読んでおかなかったのだろう。

それが、私がこの本を最初に読んだときに思ったことだ。

この本には、いわゆる「お金持ち」と「貧乏人」の違いが書かれている。読めば、両者の違いに学歴や家柄は関係ないことがわかるだろう。さらに、この本を読めばお金に対する正しい考え方と接し方もわかるはずだ。

この本は2000年に出版されたものだ。当然、書かれている内容をすべてそのまま使えるかというと、そうではない。しかしながら、学校では教えてくれない「お金の秘密」に関しては時間が経っても色褪せることはない。

すぐにお金持ちになれる方法が書かれているわけではない。しかし、この本を読むだけでお金持ちになれる可能性はぐっと上がるはずだ。そして、お金がたくさんあれば良いというものではない、ということにも気付かされることだろう。

働き方について議論が尽きない今だからこそ、多くの人に読んでもらいたい1冊だ。

一緒に読むと効果が倍増する本

効果倍増
【1分書評】『漫画 バビロン大富豪の教え』 ジョージ・S・クレイソン この記事は約1分で読めます。 お金持ちになりたいあなたにオススメです。 紹介する本はこちら。 『漫...

本書の中でも、紹介されているこの本。もしかすると、『金持ち父さん 貧乏父さん』を読む前に読んだほうがいいかもしれません。

この本を読めば、本書で著者が伝えたいことが、具体的にわかるはずです。

『NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ』 植松 努

NASAより宇宙に近い町工場
【書評】「どうせ無理」をやめよう!『NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ』 この記事は約2分で読めます。 あなたも町の電気屋さんが、突然「ロケットを作って宇宙に飛ばす!」と言い始めたらあなた...

偶然なのか必然のか、本書の著者ロバート・キヨサキさんも、この本の著者である植松努さんも「できない」と言わずに「どうやったらできるだろう?」と考えようという主張を述べています。

どこか通ずるところがあっておもしろいです。

『「好き」を「お金」に変える心理学』 DaiGo

【書評】「好き」を「お金」に!DaiGo『「好き」を「お金」に変える心理学』 この記事は約3分で読めます。    紹介する本はこちら! PHP研究所 DaiGo 『「好き」を「お金」に...

本書では、「資産」と「負債」を区別してお金を使うことが大切だと語られていました。

この本ではDaiGoさんが「消費」なのか「浪費」なのか「投資」なのかを考えようと話しています。

「資産」と「負債」。「消費」と「浪費」と「投資」。

この本を読むと、より具体的にお金をどう使うべきなのかわかります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

 このエントリーをはてなブックマークに追加