書評

【1分書評】『科学的に元気になる方法集めました』 堀田 秀吾

この記事は約1分で読めます。

元気になりたいあなたにオススメです。

今回、私が読んだ本はこちら。

『科学的に元気になる方法集めました』 堀田 秀吾 文響社

この記事では『科学的に元気になる方法集めました』の中から個人的に重要だと思った文を3つピックアップして、本の内容について話します。

『科学的に元気になる方法集めました』の内容

やる気を出すには

各界の一流たちが実践している「やる気スイッチ」の入れ方、それは「とにかくやり始める」こと

26ページより引用

「やる気スイッチ」が本当にあって、スイッチひとつでやる気がみなぎればいいんですけどね。そううまくはいきません。

そもそも、「やる気が出ないからやらない」とか「やる気になってからやろう」という考え方は間違いです。

「やる気」とは取り組むことで生まれるものです。なかなか始められない人は思いっきりハードルを下げて始めましょう。

気分を上げる方法

人が笑顔になるのは「楽しいから」「幸せだから」ではなく、笑うから楽しくなるし、幸せになるのです。

34ページより引用

笑いながら落ち込むってけっこう難易度が高いんです。落ち込んでいる時の表情は当然暗いものになります。

じゃあ明るい気持ちにしよう、と思っても心のコントロールって難しいですよね。

でも、表情だったらどうでしょうか?ある程度はコントロールできますよね。無理矢理にでも笑顔を作ってみましょう。それだけでストレスは軽減されますよ。

毎朝、心が重たい人は

朝起きたときに息が上がるくらいの運動をすることで、脳がベストな状態に覚醒する

186ページより引用

朝って眠たいし、なんだか頭もボーっとしてますよね。朝は能力が発揮しやすい時間帯なのに、それではもったない

朝からよいスタートダッシュを切るためにも、朝起きたときに運動をしましょう。それも息が軽く上がるくらいの運動です。

心拍数が上がれば、その分だけ脳に血液が送り込まれることになり、朝から脳がベストな状態になるんです。まずは、毎朝腕立て伏せ1回から始めましょう。

まとめ

 

『科学的に元気になる方法集めました』を要約すると

●やる気は待っていても出ない。行動しよう。

●気分が落ち込んだ時は無理にでも笑顔をつくろう。

●朝、激しめの運動をしよう。

「科学的」という言葉に抵抗がある人もいるかもしれませが専門用語はほとんど出てきませんし、私は読みやすかったです。

ヤマムカ
ヤマムカ
最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が少しでも参考になった方はどちらかお願いします!

①ボタンをポチっとしてツイッターをフォロー

②ランキングボタンをポチっと応援

ご協力ありがとうございました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ