書評

働き方革命!鴨頭嘉人『人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった』

この記事は約3分で読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事を読めば、仕事への向き合い方と人との関わり方についてわかりますよ。

ヤマムカ
ヤマムカ
こんにちは!年間300冊以上読む男、継続することで自分をどこまで変えることができるのか挑戦中、ヤマムカです。

この記事では、鴨頭嘉人さんについて知りたい人、仕事で悩みがある人、人間関係に疲れている人に向けて、仕事への向き合い方と人との関わり方について本書から引用し、私なりに紹介・解説します。

紹介している本はこちら!

鴨頭嘉人『人生で大切なことはすべてマクドナルドで教わった』(2012年)

この記事を読めば、仕事への向き合い方が変わり、人間関係の悩みは楽になりますよ!

それらの方法を忘れないためにも、ブックマークをつけて何度も読み返してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に向き不向きってあるの?

ネクタイ, 調整, 調整します, 男, ビジネス, 実業家, 成功, スーツ, 企業

仕事に向き不向きはあるようでありません。自分の取り組み方次第なんです。

あなたは今仕事に就いていますか?

就いていない方は読み飛ばしてくださって結構です(笑)

就いている方はその仕事は自分に向いていると思いますか?向いていないと思いますか?

向いていないと思っている方は次の文を読んでください。

逃げなければ出来ない事なんてない。向いていない仕事なんかない。仕事から逃げる自分がいるだけなんだ。

36ページより引用

厳しいですね・・・

でも、まずは仕事と向き合ってみることが大切なのではないでしょうか。

「向いていない」とそっぽを向いてしまえば、見えるものも見えなくなってしまいます。

自分にできることは何なのか。自分の仕事に取り組む姿勢に課題はないのかを考えてみましょう。

自分に向いていない仕事だと思っても、一度真剣に向き合ってみる。

思いは人に伝わるの?

ハート, 友情, 愛, 永遠, 信頼, 気持ち, 手

人に伝えるのは一度や二度では足りません。何度でも伝える必要があるんです。

自分の思いが人に伝わらないことってありますよね。

何度言ってもわからない人と出会うと、つい伝えるのを諦めてしまうものです。

でも、それじゃあダメなんです。

僕はこの先輩マネージャーから「何度でも同じ事を伝える」という事の凄さを教えていただきました。ある意味淡々と繰り返し伝えてくださった事で「自ら自分の行動を変える」という変化が起こせたし、本質的に気づけたのだと思います。

34ページより引用

何度も言われることで気付くことってあるんです。

その伝わる「何度」目がいつくるかはわかりません。

でも、いつか伝わる日はくるんです。

その日まで何度も何度も伝えましょう。

思いは人に伝わる。そのための秘訣は伝わるまで伝えることだ。

人は変われるの?

天の川, 宇宙, 人, 星, 探している, 空, 泊, 色, 銀河, コスモス, 天体写真, 天文学

人は変われます。しかし、変えることはできないんです。

人を変えることはできるのでしょうか?

答えはノーです。

ただし、自ら変わることはできます。

人は外からの力では本質的に変われません。自分を変えられるのは自分だけなのです。

107ページより引用

変えることはできないけど、変わることはできる。

これが答えなんです。

だから、もしあなたが変わりたいと思うのであれば、思い切って変わりましょう。

変えたい人がいるのであれば、それは諦めましょう。

あなたができることは「伝えること」だけですよ。

人は変われる。しかし、人を変えることはできない。

まとめ

鴨頭嘉人人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった(2012年)

いかがでしたか?

今回この記事で紹介した内容を振り返ってみましょう。

要点まとめ

・自分に向いていない仕事だと思っても、一度真剣に向き合ってみる。

・思いは人に伝わる。そのための秘訣は伝わるまで伝えることだ。

・人は変われる。しかし、人を変えることはできない。

多くの人の悩みが仕事関係か人間関係だと言います。

この本はそのどちらの悩みも軽くする方法を教えてくれます

本書では、上記の内容以外にも

・全力でやれば面白い!

・競技をする意味

・出来ないことにエネルギーを使うことの辛さ

・信じると決めてしまうことの大切さ

・伝わる時

などなど、仕事と人間関係に関する情報が満載です。

鴨頭嘉人さんについて知りたい人、仕事で悩みがある人、人間関係に疲れている人に向けて、仕事への向き合い方と人にオススメの1冊です!

気になったら、ぜひ本書を購入して読んでみてくださいね。

ほんのびくん
ほんのびくん
最後まで読んでいただきありがとうございました!

感想や質問などがありましたらツイッターでお問い合わせいただけるとすぐにお答えできます。

これからも応援お願いします!

ツイッターをフォローしてくれるとうれしいです!

フォローよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ