書評

自分を磨く方法はこれ!スティーブ・シーボルド『一流の人に学ぶ自分の磨き方』

この記事は約7分で読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

この記事を読めば、一流の人の考え方が理解できて、普段の行動が変わってきますよ。

ヤマムカ
ヤマムカ
こんにちは!年間300冊以上読む男、継続することで自分をどこまで変えることができるのか挑戦中、ヤマムカです。

この記事では、もっと自分を成長させたい人や自分と一流の人の違いを見つけたい人、一流の人の考え方を知りたい人に向けて、一流の人と二流の人の違いについて本書から引用し、私なりに紹介・解説します。

紹介している本はこちら!

スティーブ・シーボルド『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』(2012年)

一流の人と聞くとなんだかとてつもなくすごい人のようなイメージがありますよね。

でも、この本を読んでみると一流の人と二流の人の違いはほんのちょっとのことだということがわかります。

この記事を読んで、一流と二流の違いがわかれば、あなたもあっという間に一流の人になりますよ!

せっかく覚えた一流になる方法を忘れないためにも、ブックマークをつけて何度も読み返してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦う相手

猫, 赤いマッカレルタビー, 子猫, 赤い猫, シャム猫, 再生, 戦う, 遊び心, 若い猫

私たちは誰かと自分を比べてしまうものです。でも本当に比べるべきなのは他人ではありません。

二流の人にとって勝利とは、他人に勝つことを意味する。

一流の人にとって勝利とは、昨日の自分を超えることを意味する。

59ページより引用

誰かと比べて勝ち負けをつけたって意味がありません。

だって、勝ちたかったらずっと勝てそうな相手を選べばいいんですから。

「あいつよりは仕事ができる」「あいつよりはマシだ」

そうやって勝負に勝つことは簡単です。

でも、どれだけ人に勝っても自分自身が成長していなければ意味がありません

誰かに勝つことは自己満足であって、それ自体が目的になるものではないのです。

比べる相手はいつだって自分です

昨日の自分よりちょっとでも成長していればいいんです。

そのちょっとを積み重ねていけば、結果的に誰にも負けないような人になれるんです。

人と比べない。比べるなら昨日の自分と。

チャンスとは

子, 交差点, 子ども, 選択, 方向, どのような, 方法, 選ぶ, 道路, 生活, 意思決定, 迷路

チャンスは偶然訪れるものなのでしょうか。実はちがうんです。

一流の人は、チャンスは待つものではなく、自分で作り出すものと考えている。

96ページより引用

なかなかいいチャンスがないって言い訳ってよく聞きますよね。

そもそもチャンスが転がり込んでくることなんてほとんどないんです。

仮にチャンスが転がり込んできたとしても、ちゃんと準備をしていなければチャンスを生かすことはできません。

二流の人はただ待っているだけ

だからチャンスは来ないし、来ても生かせない。

一流の人は自らチャンスを作りにいきます

だからいつでもチャンスがあるし、転がり込んできたチャンスも生かすことができるんです。

チャンスを掴んでいる人って一見ラッキーな人に見えますけど、その陰には多くの努力があるんですね。

チャンスは作り出すもの。自ら行動しよう。

約束

ピンキーは誓う, お友達と, ピンキー約束, 友情, 手, 愛, Bff, 親友たちです

約束は守らなければならない。そう理解しながらもどれだけの約束を守ることができているでしょうか?

二流の人は気が向いたら約束を果たす。

一流の人は気が向くかどうかに関係なく、必ず約束を果たす。

202ページより引用

実は、この「約束」については幻冬舎の社長である見城徹さんも言葉を残しています

血わき肉おどる。ビジネスマンの心に灯をつける魂の言葉がここにある。憂鬱でなければ仕事じゃない 毎朝「今日も仕事か・・・」と憂鬱な気分で起きていませんか? そんな日々から抜け出したいと考えている人...

「今度ご飯でも食べに行きましょう」って社会人で言ったことがない人はほとんどいないのではないでしょうか。

そして、その約束を守っていない人もかなりいるはずです

いやいや、約束って言ったって社交辞令だから、という意見もあると思います。

でも、そこを社交辞令で済ませるのか本気で実現しようとするのかで差が出るんです。

あなたも「今度飯でも」って言ってた人が本当に誘ってくれたらうれしいですよね。

それに記憶にだって残るはずです。

だって、多くの人は実際には誘わないんですから。

一流の人はそういった小さな約束でもしっかり守ります

その微差が積み重なって大差になっているんです。

口約束だろうと小さな約束だろうと、約束は必ず守る。

まとめ

スティーブ・シーボルド『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』(2012年)

いかがでしたか?

今回この記事で紹介した内容を振り返ってみましょう。

要点まとめ

・人と比べない。比べるなら昨日の自分と。

・チャンスは作り出すもの。自ら行動しよう。

・口約束だろうと小さな約束だろうと、約束は必ず守る。

自分はどうするべきなのか悩む場面ってありますよね。

しかし、この本は一流の人ならどう行動するのかを教えてくれます

本書では、上記の内容以外にも

・一流の信念

・一流の報酬

・一流の危機感

・一流の知識

・一流の目標

などなど、一流の人の考え方が満載です。

もっと自分を成長させたい人や自分と一流の人の違いを見つけたい人、一流の人の考え方を知りたい人にオススメの1冊です!

気になったら、ぜひ本書を購入して読んでみてくださいね。

ほんのびくん
ほんのびくん
最後まで読んでいただきありがとうございました!

感想や質問などがありましたらツイッターでお問い合わせいただけるとすぐにお答えできます。

これからも応援お願いします!

ツイッターをフォローしてくれるとうれしいです!

フォローよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加