書評

【書評】『人を操る禁断の文章術』DaiGo 著 人は論理では動かない

本記事の【書評】3で読めます。

「相手に響く文章ってどう書くの?」そんなあなたにオススメの記事です。

たった1行で、人は踊らされる。メール、企画書、LINEで使えるメンタリズムシリーズ最終兵器。

Kindle Unlimited会員なら

無料で読めます!

【書評】『人を操る禁断の文章術』 DaiGo

みなさんこんにちは!ヤマムラユウイチロウです!名前がカタカナ表記なのはその方がカッコいいと思ったからです!勘違いでした。

今回紹介する本は『人を操る禁断の文章術』。「禁断」ときましたか。攻めますね。

禁断の文章術って聞くとこんなイメージしか浮かびません。

禁断の魔術ってこんなイメージ

とてつもなく危なそう。合法でしょうか。もちろん合法です。

そもそも魔術じゃなくて文章術です。

魔術じゃなくて文章術って超言いにくい。

ほら、10回連続で言ってみてください。

ぶんしょうじゅちゅってなりませんか?なりませんね。はい。

本題に入りましょう。

この本で著者のDaiGoさんが一番伝えたいことは「きれいな文章を書くな」ということです。

本書の中でも10回以上語られています。

いやいや、きれいな文章じゃなきゃ読まれないでしょ!と思いませんでしたか?

やれやれ、そんなこともわからないなんて

ちょっと想像してみてください。

気心の知れた人と話すのと、よく知らないお偉いさんと話すのとではどちらのほうが気が楽ですか?

国会議員がニュースで話していたこととマツコ・デラックスさんが話していたことではどちらが頭に残りやすいですか?

答えはわかりきっていますよね。もちろんIKKOさんです。

文章だって同じです。堅い文章より親しみやすい文章のほうが好かれるし、理解されるんです。

きれいな文章が必要なのは手続きと事務作業と論文だけ。

誰かに何かを伝えたい時、読者の心を動かしたい時、文章のきれいさは不要なんです。

顔には伝えたいことは書かないでください

でも、もちろん好き勝手に書いて良いというわけではありませんよ。

ちゃんと相手の欲求に合わせたり、むしろ「書かない」技術も必要になってくるんです。

その辺の詳しい内容を知りたい人はぜひ本書を購入してみてくださいね。

著者のDaiGoさんが「きれいな文章を書くな」と言うだけあって、本書の文章は読みやすくなっています。

随所に心理学の要素が散りばめられていたり、研究のデータに基づいたテクニックが紹介されていたりするのもいいですね。

ちょっとでも書くのが上手になりたい人はぜひ読んでみてください。

なんと無料で読めます!

Kindle Unlimited会員なるだけ!

【名言・要約】3つのポイント

だから、当たり障りのないきれいな文章を書いてはいけません。

これは、心を動かす文章を書く上で最も大切なこと。この本の中で10回以上、繰り返し伝えたいと思っています。

6ページ

そんなとき私が実践しているのは、とにかく関連する言葉、言い回し、言い換え方などを思いつくままに書き記していくことです。

これは「ブレインダンプ」と呼ばれる手法で、プロのコピーライターも使っている言葉の発掘法です。

No.1370

一度も「繰り返す」を使わないときの証明の説得力を基準にすると、3回の繰り返しによって46%10回の繰り返しによって82%も説得力が向上するのです。

No.1542

【実践】すぐにできることは?

 

形式にこだわるな。自分の感情を伝えよう。

 

【読んだ気になれる一言】どんな本?と聞かれたら

 

形式ばった文章以外は感情を乗せて書いたほうがいいってことを教えてくれるよ。

【575まとめ】17文字でまとめると

文章で

伝えるべきは

感情だ

【関連動画】こちらもどうぞ

【Youtube】kankipublishing,Inc.より

著者による本書の解説動画です。

【書籍の情報】オススメ度や発売年など

【書籍名】人を操る禁断の文章術

【著者】DaiGo

【出版社】かんき出版

【オススメ度】★★☆☆☆(評価基準はこちら

【発売した年】2015年

【ページ数】224ページ

【目次】

第1章 文章が持つ力は∞

第2章 「書かない」3原則で人を操る

第3章 人を動かす7つのトリガーで、何を書けばいいかもう悩まない

第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

Kindle Unlimited会員なら

超お得に読めちゃいます!

DaiGoさん、ステキな1冊をありがとうございます!

【お知らせ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

文章術の本ってみんな好き勝手言ってない?と思った方はツイッターのフォローをお願いします

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報や継続中の取り組みの様子がわかります。

よろしくお願いします!

今日は何位でしょうか・・・?応援クリックをお願いします

よろしければ「はてブ」をつけて何度も読み返してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加