書評

【書評・要約】より少なく、しかしより良く『エッセンシャル思考』

この記事は約3分で読めます。

『エッセンシャル思考』 グレッグ・マキューン

本書は、エッセンシャル思考という「より少なく、しかしより良く」を追求する考え方を通して、よりよく生きていくにはどうしたら良いかを教えてくれる1冊です。

エッセンシャル思考とは?

著者のグレッグ・マキューンさんは、エッセンシャル思考とは「より少なく、しかしより良く」を追求する生き方だと述べています。

“より少なく”は、時間や使用するモノ、人を少しでも減らしていくことを指し、“よりよく”は質や成果を上げていくことを指します。

また、「今、自分は正しいことに力を注いでいるか」と問い続ける生き方がエッセンシャル思考だとグレッグさんはいいます。

エッセンシャル思考は今の自分に必要なモノは何かを厳選していく考え方と言えるかもしれません。

エッセンシャル思考を身につけるメリット

グレッグさんは、エッセンシャル思考を身につけると、自分の能力を集中的に使うことができるようになり、最大限に能力を発揮できるようになると述べています。

これは「より少なく」を目指そうとすれば、本当に必要なものは何かを考えるようになるからです。

自分の行動について考えるようになるので、時間をムダにすることもなくなるのです。

エッセンシャル思考の身につけ方

エッセンシャル思考を身につけるには5つのステップがあります。

①明確な目標をもつこと

②全てはできないと知ること

③上手に断ること

④今、この瞬間に大事なことは何かを考えること

⑤小さな一歩をすばやく踏み出すこと

まずは、自分の目標を明確にすることがスタートです。ここがはっきりしないと、行動の選択をすることができません。

限られた時間で全てのことはできないことに気づきましょう。グレッグさんは、この当たり前のことができずに、あれもこれもやろうとしている人が多いと述べています。

目標に関係ないことについては、きっぱりと断りましょう。ただし、できるだけ角が立たないように気をつける必要があります。下手に敵を作るとあなたの目標を達成する壁になる可能性がありますからね。

過去や未来にとらわれず、今、この瞬間にやるべきことを考えましょう。これは目先の快楽を優先するということではありません。過去の例や未来の予想にとらわれず、自分の目標達成のためにできることを考えるということです。

最後に、一歩踏み出すことが重要です。考えているだけでは何も意味はありません。行動に移して初めて価値があるんです。

大きな一歩を踏み出すにはエネルギーが必要ですし、時間がかかることも多いです。ですから、小さな一歩をすばやく踏み出しましょう。まずはスタートを切りましょう。そこから全ては始まります。

 

今日からできる!実践ポイント

今の自分の目標を書き出そう。その達成に向けて、今すぐ小さな一歩を踏み出そう。

 

本書の著者について

グレッグ・マキューンさんは、エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく世界中で講演、執筆を行っています。

アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、シマンテックなどの有名企業にアドバイスを与えています。

ハーバード・ビジネス・レビューおよびリンクトイン・インフルエンサーの人気ブロガーでもあります。

スタンフォード大学でDesigning Life, Essentiallyクラスを開講。2012年には世界経済フォーラムにより「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出されました。

一緒に読むと効果が倍増する本

効果倍増
【書評】自動的に夢が叶う!?『ブレイン・プログラミング』 この記事は約1分で読めます。    夢を叶えたいあなたにオススメの1冊です。 紹介する本はこちら。...

目標を設定することのメリットを科学的に教えてくれる1冊。

“夢が自動的に叶う”という言葉が強すぎる。

『行動が早い人の仕事と生活習慣』 野呂 エイシロウ

行動力で差をつける!素早く行動するには?『行動が早い人の仕事と生活習慣』 この記事は約4分で読めます。    『行動が早い人の仕事と生活習慣』 行動が早い方がトク あなたは何事もすぐに始...

目標を立てとが行動を速くできるということを教えてくれる1冊。

読みやすいし、すぐに使えるテクニック満載なのでオススメ。

『超一流の時間力』 安田 正

もう安心!「成功」するための時間管理術を教えてくれる1冊!『超一流の時間力』『超一流の時間力』 いっつも忙しいあなた。 実は、時間の使い方を改善するだけで、もっとゆとりのある生活ができるようになるんですよ...

何に時間を使うべきなのか教えてくれる1冊。

時間の使い方の基本を抑えたい人はこの本からどうぞ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

 このエントリーをはてなブックマークに追加