書評

【1分書評】『頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』塚本亮 著 朝のスタートで差をつけよう!

本記事の【書評】約1分で読めます。

集中力がケタ外れ!読書、勉強がビュンビュンはかどる!早起きしたら“無敵”になった!偏差値30から「朝5時起き」でケンブリッジに合格した著者が教える、意志が弱い人でもラクラクできる心理学に基づいた早起きメソッド33。

【書評】『頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』塚本亮

毎朝ぎりぎりに起きて慌ただしい朝を過ごしていませんか?あと10分だけでも早く起きていたらもっと余裕をもって過ごせるのに・・・と後悔しているあなた!『頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』を読んで快適な朝の時間を手に入れてください。

本書には早起きのために最低限必要となる知識がぎゅっと詰まっています。早起きするためのテクニックはもちろん、早起きした後の時間の使い方も解説してくれています。丁寧ですね。

「気持ち」ではなく「環境」を整えること。早起きした頑張りを「見える化」することなど、読んだその日からすぐに挑戦してみたくなるものばかりです。「がんばろう!」という気持ちだけではどうにもならないことも教えてくれますよ。

もっと朝の時間を有効活用したい人、早起きしてゆったりと朝の時間を過ごしたい人、朝の時間を使って何かに挑戦したい人オススメの1冊です。さぁ今すぐ読みましょう!

【名言】ポイントとなる3つの文章

自信を持つには、「自分をコントロールできている」と思える体験を積む必要があります。早起きすることは、この感覚を養うのに最適です。

30ページ

目的を決めるときは、「不快からの逃避」ではなく、「快の追求」をもとに考えるのがポイントです。このほうがモチベーションが飛躍的に高まるためです。

62ページ

自分の頑張りを「見える化」するのです。これを見える場所に置いておけば、塗りつぶされていくカレンダーを目にすると嬉しくなり、「またやりたい!」という気持ちになれるのです。

94ページ

【要約】各章を40字前後でまとめると

1章 偏差値30から人生が一変した!【早起きの"劇的効果" とは?】

早起きによる「自分をコントロールできている」感覚が自信と自制心を育む。

2章 パチッと目が覚め、起きたくなる!【早起きできる「心理法則」&「7つのメソッド」】

大切なのは「気持ち」ではなく「環境」。自分が早起きしたときに快と感じれるようにしよう。

3章 "軽々" と起きられる!【今日からできる6つの「早起きトリガー」】

早起きの頑張りをカレンダーに書いたり、メモしたりして見える化しよう。

4章 脳の働きを最大化する☆【ダントツに集中できる!「朝時間の活用法」】

1日の予定を立てるだけで集中力が増す。眠い時も外に出て空気を吸うとリフレッシュできる。

5章 生活が整い、コンディションも万全!【パフォーマンスが高まる生活習慣】

適度な運動と少しの仮眠が体調と集中力を回復させる。

【実践ポイント】すぐにできることは?

 

まずは1時間早く起きることから始めてみよう。

 

【読んだ気になれる一言】どんな本?と聞かれたら

 

「起きる」行為を気持ちよいものにするための方法が色々書かれている本だよ。

【575まとめ】17文字でまとめると

早起きの

鍵となるのは

快追求

【関連動画】こちらもどうぞ

【Youtube】心の強化書 チャンネルより

著者の塚本亮さんの著書『心の強化書』について本人が語ります。

【書籍の情報】オススメ度や発売した年など

【書籍名】頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き人生を変える 記録の力

【著者】塚本亮

【出版社】すばる舎

【オススメ度】★★☆☆☆ (評価基準はこちら

【発売した年】2019年

【ページ数】192ページ

【目次】

1章 偏差値30から人生が一変した!【早起きの"劇的効果" とは?】

2章 パチッと目が覚め、起きたくなる!【早起きできる「心理法則」&「7つのメソッド」】

3章 "軽々" と起きられる!【今日からできる6つの「早起きトリガー」】

4章 脳の働きを最大化する☆【ダントツに集中できる!「朝時間の活用法」】

5章 生活が整い、コンディションも万全!【パフォーマンスが高まる生活習慣】

塚本亮さん、ステキな1冊をありがとうございます!

【お知らせ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

睡眠時間を削るって最早修行と思った方はツイッターのフォローをお願いします

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報や継続中の取り組みの様子がわかります。

よろしくお願いします!

今日は何位でしょうか・・・?応援クリックをお願いします

 

よろしければ「はてブ」をつけて何度も読み返してください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加