書評

【書評】あなたの人生を豊かにする『 3週間続ければ一生が変わる』

3週間続ければ一生が変わる ロビン・シャーマ

この記事は約3分で読めます。

あなたにぴったりの習慣が必ず見つかる本です。

この本には人生を豊かにする習慣が101つ紹介されています。

行動型人間に変わるための習慣、時間の無駄遣いをやめるための習慣、強気な自分になるための習慣、心を入れ替える習慣、人間関係を改善する習慣・・・

全てできればいいのでしょうけど、それはなかなか難しいですよね。ですから、この101つの習慣の中から今の自分が必要としている習慣を見つけ出しましょう。

本書のタイトルになっている3週間続ければ一生が変わるとはどういう意味か説明しておきます。

これは人が習慣付けするには21日かかることから付けられたと考えられます。習慣が変われば人生が変わりますから。

あなたの人生を変える一歩目をこの本で踏み出しましょう。

以下では私に刺さった習慣について2つ紹介します。

『3週間続ければ一生が変わる』

理事会を開く

架空の理事会

自分専用の“理事会”を招集する。

100ページより引用

理事会を招集する、と言っても本当に人を呼ぶわけではありません

あなたが相談したい人、話を聞きたい人を頭の中に呼ぶのです。これだったら誰でも呼べますからね。なんなら亡くなった人だって呼べます。

私だったら、ひろゆきさん、カーネギーさん、植松努さん、アドラーさん、斎藤一人さんを呼びますね。

全員に意見を聞く必要はありません。聞きたいことを聞きたい人に聞けばよいのです。同じ自分が考えているはずなのに、思いがけない回答が得られることがありますよ。

あなたなら誰を呼びますか?

子どもとの時間

子どもとの時間

あなたがわが子たちに与えられるもっともすばらしい贈り物は、あなたの時間です。

245ページより引用

子どもが子どもの時は、その時間が無限に続くかのように思えます。さらに言えば「お父さん」「お母さん」と、いつでも何度でも言い寄られるのは疲れるものです。

でも、子どもなんてあっという間に親をうっとうしく思うもの

今だけです。何の下心もなく親を慕ってくれるのは。一緒になって遊べるのは。

私も、仕事から疲れて家に帰ると、正直のんびりしたいと思うこともあります。ひとりになりたいと思うこともあります。

でも、この言葉を見て、今の限られたかけがえのない時間を大切にしようと思えました。息子たちの前では少しでも楽しく過ごそうと思えるようになりました。

習慣は21日で身につく?

時間, 女性, 顔, ルーチン, 習慣, トレッドミル, 東京に住んでいる中学三年生男子, 空白, 憂鬱

 

実は最近の研究では、21日で習慣にすることができるのは、「毎朝、起きたら体重計に乗る」といったレベルの簡単なものだけだということがわかっています。

複雑な習慣の場合はその3倍、66日間かかるそうです。

このことはDaiGoさんの著書『ウィルパワーダイエット』に書かれています。気になる方はこちらもチェックしてください。

まとめ

 

人生を変える素晴らしい習慣を教えてくれる本であるとともに、すばらしい数々の名言を教えてくれる本でもあります。

ひとつひとつの習慣は2~3ページで紹介しているので、ちょっとした名言集としても活用できますよ。

私が特に印象に残っている名言は「二ーバーの祈り」と言われるもの。

神よ、変えられないものを受け入れる平静を、変えるべきものを変える勇気を、そして、それらを見分ける英知を与えたまえ

47ページより引用

生きていく上でこの3つがあれば、何でもできる気がしませんか?

「二ーバーの祈り」は私の座右の銘のひとつです。

この本はステキな習慣のみならず、あなたの支えとなる名言もプレゼントしてくれるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

 このエントリーをはてなブックマークに追加