書評

【1分書評】これからの日本はどうなる!?『未来の年表』河合雅司

この記事は約1分で読めます。

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 第1部では「人口減少カレンダー」とし、2017年から2065年頃まで、いったい何が起こるのかを、時系列に沿って、かつ体系的に示した。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として、なるべく具体的に提示した。本書は、これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書となる。

【書評】『未来の年表』 河合 雅司

これからの日本は?

高齢化が進んでいることも、少子化が進んでいることも、どちらも有名な話です。

でも、それらの影響を受けて、日本がどのように変わっていくのか、私たちはどんな世の中を目指していけばよいのかをはっきりと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

未来の年表』は未来の日本の姿と私たちが目指していく姿の一例を教えてくれる本です。

少子化を止めるのは難しい?

多くの政治家は、少子化を防ぐために出産や子育てをしやすい環境づくりをしようとしています。このこと自体はすばらしいことです。

しかし、どれだけ環境を整えても少子化を止めることはかなり難しいでしょう。

理由は簡単です。今までの少子化によって、将来母親になれる女性の数が減ってしまっているからです。

目指すべき国の在り方は?

少子化を止めるのは難しく、人口は減っていきます。高齢者は増えていく一方です。その中で日本はどのような姿を目指していくべきなのでしょうか。

著者の河合さんは、「コンパクトな国」を目指すべきだと語ります。人が住む場所と住まない場所をはっきりと分け、人々を同じ場所に集めるのです。

そうすることで広範囲にインフラを整える出費を抑え、人口密度をある程度保つことができるというのです。

後悔しないためにも

未来の予測は予測でしかありません。必ずその通りになるものではないでしょう。

しかし、何も知らなければ後悔しないように行動することもできません。

自分がどう行動するか判断基準を増やすためにも、細かく未来が予測されている『未来の年表』は読んでおきたい1冊です。

 

【要約】ポイントとなる3つの文章

 

先述したように、合計特殊出生率が改善しても出生数の増加にはつながるどころか、むしろ減っていくからである。それはなぜなのか?

これまでの少子化の影響で「未来の母親」となる女児の数が減ってしまっているためである。

44ページ

 

少子高齢化とは、これまで「当たり前」と思ってきた日常が、少しずつ、気づかぬうちに崩壊していくことなのである。

88ページ

 

人が住む地域と、そうではない地域とに国土を色分けし、コンパクトで効率的な国に作り替えるのである。

168ページ

 

実践ポイント

 

個人の価値を高める努力をしよう!

 

読んだ気になれる一言

 

今までと同じような社会を保つのはかなり難しいみたいだよ。

 

書籍の情報

【書籍名】未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

【著者】河合 雅司

【出版社】講談社

オススメ度】★★★★☆

【ページ数】208ページ

【目次】

はじめに

第1部 人口減少カレンダー

第2部 日本を救う10の処方箋-次世代のために、いま取り組むこと

おわりに 未来を担う君たちへ

結びにかえて

 

 

河合雅司さん、ステキな1冊をありがとうございます!

お知らせ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

今日は何位でしょうか・・・?応援クリックをお願いします!

 

よろしければ「はてブ」をつけて何度も読み返してください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加