書評

【1分書評】「白」か「黒」かで判断しない!『2030年の世界地図帳』を読んで新しい価値観を手に入れよう

この記事は約1分で読めます。

『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』 落合 陽一

「白」か「黒」かで判断しない

グレーゾーンと聞くと、なんだかあまりよくないイメージがあるのではないだろうか。

しかし、これからの時代は、「白」か「黒」かではなく、「白」でもあり、「黒」でもあるという考え方が大事になってくるということが『2030年の世界地図帳』を読むとわかる。

「デジタル発酵」が必要になる

著者の落合陽一氏は本書の中で「デジタル発酵」という考え方が今後は必要になってくると述べている。デジタル発酵とは、その土地に根付くモノやサービスとテクノロジーを掛け合わせることで、新たな魅力や価値を生み出すことを言う。

日本は独自の文化をもっている国なので、この「デジタル発酵」を取り入れていけば、他の国にはマネできない魅力や価値を生み出すことができるのだ。

その時に「これは日本らしくない」とか「これは新しくない」とか白黒つけようとする考え方はジャマになるだろう

2つを掛け合わせることで

「日本の伝統文化」と「新しいテクノロジー」。

この2つを対立させるのではなく、並び立つように考えていくこと。掛け合わせ、混ぜて新たな価値観を生んでいくこと

それがこれからの日本に求められていることなのだということが、この本を読めばわかるだろう。

本書の著者について

落合陽一氏は、メディアアーティストでもあり、筑波大学の准教授でもある。

専門は計算機ホログラムなど多岐に渡る。

個展も複数回に渡って開催している。

一緒に読むと効果が倍増する本

効果倍増
【書評】落合陽一が考える日本が復活する方法とは?『日本再興戦略』 この記事は約4分で読めます。    『日本再興戦略』 落合 陽一 沈みゆく日本 少子高齢化、人口減少、国民一人当...

落合氏の考え方がよくわかる1冊。

日本ってもうオワコンだよね。と考えている人に読んでもらいたい。

『LIFE SHIFT』 アンドリュー・スコット  リンダ・グラットン

LIFESHIFT
【1分書評】100年時代の生き方がわかる!『LIFE SHIFT』 この記事は約1分で読めます。 『LIFE SHIFT』 人生100年時代の到来によって何が変わるのか、私たちは何をすべき...

本書を読む前に読んでおきたい1冊。

生き方が大きく変わってくることがわかる。

『僕たちはもう働かなくてもいい』 堀江 貴文

AIに負けない人になるために大切な3つのこと『僕たちはもう働かなくてもいい』はじめに AIについての話を聞かない日のほうが少なくなってきましたね。 それだけ多くの人がAIに関心があるのでしょう。 A...

日本の最新テクノロジーについて知ることができる1冊。

働かなくていいかどうかは微妙なところ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターのフォローお願いします!

ツイッターをフォローしていただくと、新しい記事の更新情報がわかります。

よろしくお願いします!

 このエントリーをはてなブックマークに追加